ハワイの「シャリシャリ葛冷麺」、〈ユッチャン。〉がついに日本上陸! | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

ハワイの「シャリシャリ葛冷麺」、〈ユッチャン。〉がついに日本上陸!

ハワイ旅行で一度は行く! という人が続出している大人気レストラン〈ユッチャン。〉が、とうとう日本にやってきました。もちろん、あの名物冷麺とカルビもそのままの味です。

全73席。個室と半個室がある2階部分は2月中旬に完成予定。
ハワイ好きで〈ユッチャン。〉を知らなければもぐり!? オアフ島のアラモアナショッピングセンターのすぐそばに位置し、ハワイ州政府観光局公認のランキングサイト「111 HAWAII‐AWARD2017」の韓国部門で1位に輝いたこのお店。ショッピングとセットで訪れたり、ゴルフなどのアクティビティ後に立ち寄ったりと、観光客はもちろん、著名人やモデルがしばしば訪れることでも知られている。滞在中に1度は寄らないと禁断症状が出る人もいるほどの人気店が、ファン垂涎のメニューをひっさげて六本木にオープンした。
葛冷麺1,200円。牛スネ肉、ゆで卵、キュウリの千切りがのってくる。途中で酢を加えて好みの味に調整をする。
葛ビビン麺1,200円。特製旨辛タレと麺をよく和えてから食べる。麺と別添えのスープをそれぞれ味わってから、麺の器にスープを注いで食べ進める。
葛冷麺1,200円。牛スネ肉、ゆで卵、キュウリの千切りがのってくる。途中で酢を加えて好みの味に調整をする。
葛ビビン麺1,200円。特製旨辛タレと麺をよく和えてから食べる。麺と別添えのスープをそれぞれ味わってから、麺の器にスープを注いで食べ進める。
名物は「葛冷麺」。本店同様のレシピで提供される、シャーベット状のスープと黒い麺のコンビだ。牛肉と牛骨でとったスープはほんのりと甘く、シャリシャリとした食感がクセになる。葛粉と蕎麦粉をブレンドした細麺は、つるっとなめらかでもっちりとした弾力もある。スパイス好きなら、和え麺スタイルの「葛ビビン麺」がおすすめ。2種類の韓国産唐辛子がベースの“特製旨辛タレ”がアクセントで、食欲もアルコールも進むこと間違いなしだ。
骨付きLA.カルビ1,800円。カルビの下にはグリルしたタマネギスライスがたっぷり。骨の部分を手でつまみかぶりついて食べる。
タン塩1,600円。焼肉の名店、不動前の〈焼肉しみず〉で修業を重ねた料理長がセレクトした、国産牛やホルモンを多彩に揃える。
骨付きLA.カルビ1,800円。カルビの下にはグリルしたタマネギスライスがたっぷり。骨の部分を手でつまみかぶりついて食べる。
タン塩1,600円。焼肉の名店、不動前の〈焼肉しみず〉で修業を重ねた料理長がセレクトした、国産牛やホルモンを多彩に揃える。
もうひとつの名物が「骨付きLA.カルビ」。数種の果物と野菜をすりおろして加えた醤油ベースの特製タレをからめて色よく焼き上げ、鼻腔をくすぐる香ばしい匂いとともに運ばれてくる。さらに、本店にはない+αの楽しみが焼肉だ。芝浦の食肉市場から直送される国産牛や鮮度抜群のホルモンがラインナップしている。キムチやナムル、つまみや一品料理も豊富。ハワイで食べたアノ味に出合えるだけでなく、焼肉店としても利用できるマルチな店なのだ。

とりあえず、「骨付きLA.カルビ」を頼んでビールをグイッ。料理長が目利きした厳選国産牛やホルモンを焼いて盛り上がり、シメに「葛冷麺」でクールダウンするのがここでの過ごし方。冬の寒さから逃れ、南国ハワイの風が吹く〈ユッチャン。〉で過ごす夜を。

〈焼肉 冷麺 ユッチャン。〉

東京都港区六本木7-17-24 eisu.bldg TEL03 6459 2969。17時~24時。火曜休(3月以降不定休)。