興福寺中金堂落慶法要献茶式で使われた現代作家の茶道具たち。 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

興福寺中金堂落慶法要献茶式で使われた現代作家の茶道具たち。

300年ぶりに再建された奈良・興福寺中金堂の落慶法要献茶式が10月7日から5日間連続で催された。その大役を担った千宗屋氏が献茶道具を新調するにあたり依頼したのは、現代の工芸界で人気の作り手たちだった。

興福寺中金堂の落慶(完成)を祝い、献上された濃茶(右)と薄茶(左)。菓子は菊の練り切り《千代見草》(〈樫舎〉製)と《州浜》(〈州浜屋〉製)。
国宝阿修羅像を所蔵する古刹として有名な興福寺は710年創建。伽藍の中心に位置する最も重要な「中金堂」は721年の建立から6回も焼失・再建を繰り返し、1717年の焼失を最後に、小規模な仮堂が作られたままだった。その中金堂を300年ぶりに創建当時の様式で再建し、2018年10月に落慶を迎えたとあって、仏教界および日本の和建築にとってのビッグニュースになっている。

約2時間の落慶法要は5日間連続して行われ、法要の一部として献茶がなされたが、それをつかさどったのが『カーサブルータス』誌上で度々登場している武者小路千家家元後嗣・千 宗屋(隨縁斎/ずいえんさい)さんだ。
【立礼及台子(りゅうれいきゅうだいす) 佃眞吾造】京都を拠点とする木工・京指物師。台子(だいす=茶を点てるテーブルと棚)一式は1000年以上前の埋もれ木、神代欅で作られた。すべて組み立て式。
日本美術の目利きである一方、現代工芸への目配りも欠かさない千さんは、献茶式のための道具を、工芸界で活躍している人気作家に依頼した。いわゆる伝統的な茶道具製作師ばかりではなく、私たちにもなじみのある器屋さんやギャラリーで作品を目にする話題の若手作家を起用したところに、千さんの狙いがあった。伝統とはつねに新しい火を注いでともし続ける燈(伝燈)なのだというメッセージだ。
【水指・火箸・杓立・蓋置・建水 長谷川清吉造】すべて南鐐(銀)の板から鎚で打ち出したもの。水指は東大寺二月堂伝来の香水壺の形を取り入れた。
【茶器 赤木明登造】輪島のぬりもの師。今回の茶器は正倉院御物にあった薬壷の形からヒントを得、興福寺の天平風に思いを寄せた。
【釜・風炉 長谷川清吉造】名古屋の金工師三代長谷川一望斎をゆくゆくは継ぐ36歳。風炉釜は唐銅製。
【天目茶碗 奈良三彩 加藤亮太郎造】多治見の陶芸家。天平期に唐三彩を模倣して日本で焼かれた奈良三彩を、祖父である人間国宝・加藤卓男が手がけていたが、千さんの提案もあり今回初めて孫の亮太郎さんが取り組んだ。
【天目台 赤木明登造】和紙を着せた上に漆を塗り重ねて作られた、天目茶碗の受け台。赤黒一双。
【天目茶碗 白瑠璃碗 津田清和造】奈良を拠点とするガラス作家。正倉院御物に有名な切子の白瑠璃碗を少しアレンジした。
【天目台 赤木明登造】和紙を着せた上に漆を塗り重ねて作られた、天目茶碗の受け台。赤黒一双。
【茶杓 佃眞吾造】中金堂再建工事の際に出た余材を、奈良の茶杓師・珠徳の形を参考にして削った。

〈興福寺中金堂〉

2018年10月20日から一般拝観。9時〜16時45分。料金500円。隨縁斎好(ずいえんさいごのみ)献茶道具は興福寺に奉納、非公開。

AIがあなたにおすすめ

※過去の記事も表示されます