透明な絵画!? 宮永愛子の個展がはじまりました。 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

透明な絵画!? 宮永愛子の個展がはじまりました。

6月20日より東京・市ヶ谷の〈ミヅマアートギャラリー〉で、宮永愛子の個展『life』が開催されている。

Installation view
Installation view
ギャラリーに無数の気泡を含んだ「透明な絵画」が並び、鑑賞者は立体作品とも絵画作品とも感じ取ることができる。キャンバスの気泡のひとつひとつは、作家によって日々の景色を映しながら封入されたもので、透明な世界の中ににさまざまな気配が定着されている。

宮永は「作品を目の前にして、私たちは作品を見ているのではなくて、作品から世界を見渡しているのだと思う。この自然の在りようも、私達人間の生き方も。それからここから宇宙のことも」と語る。

本展は作家の新しい試みを含んだ、新作を中心に展開されている。7月21日まで。

ミヅマアートギャラリー

東京都新宿区市谷田町3-13 神楽ビル2F TEL 03 3268 2500。〜7月21日。11時〜19時。日・月・祝日休。