ライアン・マッギンレー最初期作品が日本上陸! | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

ライアン・マッギンレー最初期作品が日本上陸!

伝説のライアン・マッギンレー初の作品集『The Kids Are All Right』掲載の作品が、〈小山登美夫ギャラリー〉にて展示中です。

"Self Portrait Bathroom" 2000 / 2016 c-print 41×61cm edition of 3 (C) Ryan McGinley
"Dash (Soho Silhouette)" 2000 / 2016 c-print 76×114cm edition of 3 (C) Ryan McGinley
自費出版した初の作品集『The Kids Are All Right』で才能を見出され、ニューヨークのホイットニー美術館において2003年に25歳という史上最年少での個展を開催。以来写真とファインアートの世界を越境して注目を浴びるライアン・マッギンレー。

今回、2016年に東京オペラシティ アートギャラリーにて開催された『ライアン・マッギンレー BODY LOUD!』以来、日本で2年ぶりとなる彼の個展『MY NY』が小山登美夫 ギャラリーにて開催されている。

本展では、2017年アメリカのデンバー現代美術館での個展『The Kids Were All Right』の出展作より約10点が展示。これらの作品は1998年~2003年にマッギンレーがニューヨークのダウンタウンで友人やアーティスト仲間を撮影した伝説の作品集『The Kids Are All Right』に掲載されたもの。今回はさらに〈デンバー現代美術館〉で初めて公開されたポラロイド作品や制作初期に使用していたカメラ、当時制作したZINE等もあわせて展示中だ。
"The Kiss" 2000 / 2016 c-print 152.4×01.6 cm edition of 3
(c) Ryan McGinley
"Red Mirror" 1999 / 2016 c-print 114×76cm edition of 3
(c) Ryan McGinley
作品の制作当時、マッギンレーはニューヨークのダウンタウンに住み、ダッシュ・スノウやダン・コーレン、アガサ・スノウなどのアーティスト仲間、イアスノットなどのクリエーター達と夜な夜な集まり、まるで家族のような関係を作り上げていたという。今回の出展作は、彼らが大胆に、自由奔放に、快楽主義的に生きている熱気を捉えた、マッギンレー活動初期の作品だ。マッギンレーの世界観がごく活動初期から成立していたことを知ることのできる貴重な機会だ。

『MY NY』

〈小山登美夫ギャラリー〉

東京都港区六本木6-5-24
complex665 2F TEL 03 6434 7225。4月6日〜5月19日。11時〜19時。日・月曜・祝日休。 入場無料