サカナクション・山口一郎さんがイサム・ノグチに惹かれる理由。 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

サカナクション・山口一郎さんがイサム・ノグチに惹かれる理由。

『カーサ ブルータス』2021年6月号より

実は《あかり》コレクターとして知られ、《あかり》を使ったライブも行う山口さん。音楽作りにも影響を与えたイサム・ノグチの魅力とは?

やまぐちいちろう 北海道小樽市生まれ。サカナクションのボーカル&ギターとしてほぼすべての楽曲の作詞作曲を手がける。NHKスペシャル『ダビンチ・ミステリー』『日曜美術館』に出演。(photo_Rui Nishi)
イサム・ノグチの創造の軌跡をたどる展覧会『イサム・ノグチ 発見の道』が、8月29日まで〈東京都美術館〉で開催中だ。サカナクションのボーカル&ギターであり作詞作曲も手がける山口一郎さんは、実は《あかり》のコレクター。自身の創作活動に少なからず影響を受けたというイサム・ノグチの魅力はどんなところだろうか。

「《あかり》に出会ったのは、22歳で初めて一人暮らしを始めたとき。それまであまり知らなかったのですが、日本の伝統工芸への意識や、日本人であり、アメリカ人である立場に苦しんでいたことを知り、音楽を作るうえでインスピレーションをもらいました。それは僕にとって本当の意味でのアートとの出会いです。半世紀前のイサム作品をコレクションするようになって、自分の音楽が数世代先でも評価されるのか、自分たちが作る今の時代が50年後どう語られるのかを考えるようになりました」
山口さん愛用の《あかり》10A 伝統的な岐阜提灯のように上下に化粧輪が取り付けられた。(オゼキ TEL 058 263 0111。http://akari-ozeki.com/)
山口さん愛用の《あかり》30N イサム・ノグチが決めた位置に骨組みの竹ヒゴが巻かれ、すべて同じ歪みを再現している(オゼキ TEL 058 263 0111。http://akari-ozeki.com/)。
山口さん愛用の《あかり》23N イサム・ノグチが決めた位置に骨組みの竹ヒゴが巻かれ、すべて同じ歪みを再現している(オゼキ TEL 058 263 0111。http://akari-ozeki.com/)。
さらに《あかり》の魅力についてこう語る。

「“違和感”です。どんなものでも違和感がないと、人は魅力を感じないと思うんです。《あかり》は左右非対称の美学や異なる伝統の掛け合わせで心地よい違和感を作っています。自分もフォークソングをダンスミュージックと混ぜ合わせる試行錯誤をしていたので、惹かれるものがありました。

今、新しいものは、必ず懐かしいものから影響を受けていると感じます。その意味でストレートに僕らの世代に刺さるものがミッドセンチュリーで、イサムの作品はその筆頭だと思います」


今回の展示について、山口さんはイサム・ノグチの “人となり” を知ってほしいという。
〈東京都美術館〉で開催中の『イサム・ノグチ 発見の道』展。光の彫刻《あかり》150灯のインスタレーションとノグチの代表作《黒い太陽》が並ぶ、圧巻の展示空間。 (c) 2021 The Isamu Noguchi Foundation and Garden Museum/ARS, NY/JASPAR, Tokyo E3713(photo_Satoshi Nagare)
「コンスタンティン・ブランクーシや丹下健三、アントニン・レーモンドなど世界のアーティストと交流が深かったイサム。アーティストにとって重要な “人たらし” な性格だったのでしょうが、そのおかげで、当時誰も気がつかなかった素晴らしい日本文化を日本に広められたのだと思います。そうしたイサムの人物像も含めて展示を見ていただけると、プロダクトのデザインの意味もぐっと理解できて、より楽しめると思います」

なお展覧会では山口さんとのコラボ企画も進行中。イサム・ノグチがどんな音楽と接してきたか、彼の創作に音楽はどのような影響を及ぼしたのか。“イサム・ノグチと音楽” をテーマに、山口さんがイサム・ノグチを紐解くスペシャルコンテンツの予定だ。リリースは5月下旬を目指している。
会員プログラム

登録者数12,000人突破!

建築家のアトリエ見学/名作家具プレゼント/限定メールマガジン…すべて無料。

建築家のアトリエ見学に、名作家具プレゼントも。

いますぐ登録!