有名アーティストたちの架空インスタにくすり笑い。 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

有名アーティストたちの架空インスタにくすり笑い。

『カーサ ブルータス』2019年6月号より

イラストレーター、ジャン=フィリップ・デロームさんの新刊『Artists1 Instagrams』は、ウィット満点の仕上がり!

フリーダ・カーロ メキシコの女性画家のフリーダは本作にしばしば登場。トロツキーと絡むこのポストのほかにも、伴侶だったディエゴ・リベラに言及したポストも収録されている。
ピカソにモンドリアン、バルテュス、ウォーホルにマティスにマグリット……。美術の教科書のラインナップ? ではなくて、イラストレーター、ジャン=フィリップ・デロームさんの新刊『Artists’ Instagrams』の登場人物だ。タイトル通り、近現代のアートの巨匠たちによる、架空のインスタグラムアカウントの投稿を、モノクロのイラストで表現した作品。原宿〈BOOKMARC〉で刊行を記念してサイン会を開いたデロームさんが話す。

「ふとした思いつきから始めた作品群なんだ。SNSはほかはやらないのだけど、インスタグラムだけは面白くてね。ある人が意図的に切り取ったシーンに、フォロワーたちからさまざまな反応がある。そのコミュニケーションのありようは、アーティストたちが古くからやってきたことと、とても近いと思うんだ」
ルイーズ・ブルジョワ 代表作の蜘蛛の彫刻を彷彿とさせるポスト。以前コラボレートしたヘルムート・ラングの個人アカウントからコメントという手の込みよう。
ピエト・モンドリアン 女性の体にコンポジションルックを直接描いている。「大切な女性に高価な服を買うお金がないならば、アイデアが必要だ」とのコメント。
ヴァン・ゴッホ 耳を切り落としたエピソードがあるゴッホの「新鮮な耳」。「ソースをつけてね!」とのコメントは、彼が描いたことのあるカフェからのもの。
パブロ・ピカソ 「いいね」の多さはさすが有名画家。「そりゃあピカソはフォロワー多いでしょう(笑)」とデロームさん。ハッシュタグの多さも笑いを誘う。
ルイーズ・ブルジョワ 代表作の蜘蛛の彫刻を彷彿とさせるポスト。以前コラボレートしたヘルムート・ラングの個人アカウントからコメントという手の込みよう。
ピエト・モンドリアン 女性の体にコンポジションルックを直接描いている。「大切な女性に高価な服を買うお金がないならば、アイデアが必要だ」とのコメント。
ヴァン・ゴッホ 耳を切り落としたエピソードがあるゴッホの「新鮮な耳」。「ソースをつけてね!」とのコメントは、彼が描いたことのあるカフェからのもの。
パブロ・ピカソ 「いいね」の多さはさすが有名画家。「そりゃあピカソはフォロワー多いでしょう(笑)」とデロームさん。ハッシュタグの多さも笑いを誘う。
作品はどれもウィットたっぷり。たとえばフリーダ・カーロが「おやすみ」とコメントをつけて“自撮り”ならぬ自画像をポストすれば、彼女の元恋人・革命家のトロツキーが「ロシアにおいでよ」とコメントを投稿していたり、ゴーギャンが愛した島へのクルーズへ誘う架空の旅行代理店の“広告”ポストがあったり。それぞれがアーティストたちの人生や人間関係を踏まえているから、それを読み解く面白さもある。

「インスタも世界も色にあふれているから、今回はあえてモノクロの線画にしました。読む方がそれぞれの想像力を発揮して、“ポスト”を彩ってほしい。想像と創造のきっかけにしてほしいですね」
BOOKMARCでの新刊『Artistsʼ Instagrams』の発売記念サイン会で。"ル・コルビュジエによるポスト"のイラストを描くジャン=フィリップ・デロームさん。

『ARTISTS’ INSTAGRAMS:The Never Seen Instagrams of the Greatest Artists』

もしもあのアーティストがインスタをやっていたら…? 遊び心と深い洞察力に満ちたイラストのシリーズを収録。August Editions/4,000円。

ジャン=フィリップ・デローム

1959年パリ生まれの人気イラストレーター。『ルモンド』『ニューヨーカー』『ヴォーグ』など世界中の雑誌や広告のイラストを手がける。インスタアカウントは@jeanphilippedelhomme