長場雄が体験! 仕事のクオリティを上げる新しい《Surface Laptop 2》。 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

長場雄が体験! 仕事のクオリティを上げる新しい《Surface Laptop 2》。

2012年の登場以来、アクティブなユーザーに愛される〈マイクロソフト〉のPCシリーズ《Surface》。イラストレーターの長場雄さんがその最新機種《Surface Laptop 2》を試し、魅力に触れました。

数日にわたって実際に試した《Surface Laptop 2》に触れながら、魅力を話す長場雄さん。大容量バッテリーを搭載する《Surface Laptop 2》の最大バッテリー駆動時間は約14.5時間(※ページ下部参照)。外出先でも動画視聴やWebの閲覧をしっかり楽しむことができる。
2012年の登場以来、アクティブなユーザーに愛されるマイクロソフトの人気PCシリーズ《Surface》。タブレットとノートPCを両立できる機種からハイスペックなデスクトップタイプまで幅広いモデルを揃え、数多くのユーザーの心を掴んでいる。今回は持ち運びにぴったりなノートPC《Surface Laptop 2》と、鮮やかな表現力をもつ大型ディプレイが魅力的なデスクトップPC《Surface Studio 2》を、イラストレーター・アーティストの長場雄さんに試してもらった。

ミニマルな線で奥行きある世界観を描く長場さんは、映画にまつわる本をいくつも出し、モチーフに名画のワンシーンを用いることも多い。自宅でPCを使う時はもっぱら映画鑑賞を楽しむという。

「近頃は急ぎの仕事以外は自宅に持ち帰らないようにしているんです。なので自宅でPCを使うのは動画配信サービスを楽しむときですね」

ストレスを感じさせない滑らかな素材の魅力。

パームレストを覆うマットな素材がAlcantara®(アルカンターラ®)。スエードのような肌触りで、長時間の使用でもストレスがない。メモリ容量は8GBと16GBから選択でき(Intel® Core™ i7-8650Uの場合)、ストレージにはOSやアプリの起動時間が速いSSDを採用する。
13.5インチのディスプレイをもつ《Surface Laptop 2》は、液晶ディスプレイに傷が広がりにくい「Corning® Gorilla® Glass 3」の光沢パネルを採用。高精細な表現を得意とするディスプレイで、映像や静止画を鮮やかに表現するのはもちろん、文字も読みやすい。それはアスペクト比にも工夫があるからだ。一般的なノートパソコンは多くがアスペクト比を16:9としているのに対し《Surface Laptop 2》のアスペクト比は3:2。この比率によってモニターが広々と感じられ、複数のウインドウを展開しても窮屈な印象はない。

また、長場さんが《Surface Laptop 2》に触れて驚いたというのが、パームレストに使う素材「Alcantara®(アルカンターラ®)」だ。これはファッションのほか、高級車の内装材にも採用されるスエード調の人工皮革である。

「この素材のおかげでパームレストにあたる手がまったく疲れないのでびっくりしました。長時間の作業ではやはり手が疲れてしまうし、それがストレスにつながります。てっきりオプションで選ぶ素材なのかと思っていたら標準装備なんですね。事務所の作業デスクに張りたいくらい気に入りました(笑)」

軽くて薄いPCは、カバンに入れてどこでも持ち出せる。

事務所近くで気分転換を兼ねたメールチェックには《Surface Laptop 2》がぴったり。
長場さんのトートバッグにも簡単に収まる、薄くて軽い《Surface Laptop 2》。
事務所近くで気分転換を兼ねたメールチェックには《Surface Laptop 2》がぴったり。
長場さんのトートバッグにも簡単に収まる、薄くて軽い《Surface Laptop 2》。
朝9時には出社し、夕方まで集中して作業を行うという長場さん。しっかりとタイムスケジュールを組むことで作品の質を上げるよう意識しているという。しかし作業に余裕のあるときは、昼食時に散歩を兼ねて少し遠くまで出かけることも。そんなときにも《Surface Laptop 2》なら簡単に持ち出せ、メールの確認などを行える。

《Surface Laptop 2》は本体サイズがW308.1×D223.27×H14.48mm、重量はIntel® Core™ i5搭載モデルが1.252kg〜で、Intel® Core™ i7搭載モデルで1.283kg〜となっている。スリムで軽量なボディはかばんにすっと収まり、出し入れも簡単だ。ヒンジもスムーズですっと開くディスプレイは、どこまでもユーザーに優しい。