小寺慶子のレストラン予報|日本橋〈蟹王府 日本橋店〉 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS
1/7
蟹王府 特製氷結蟹(1杯3,500円。アラカルトメニューより)。
上海蟹の旬といえば、10月上旬頃から年末まで。その常識を打ち破り、自社で最高ランクの蟹を養殖、選別することで、通年提供を可能にした〈蟹王府〉が日本に上陸し、話題を集めている。

風水の方位学などを取り入れた空間は華やかで清々しい。店名に違わず、コースにもアラカルトのメニューにも蟹を使った料理がずらりと並ぶ。コースは、美しい小鉢に盛りつけたモダンな冷菜に始まり、蟹料理のオンパレード。日本では上海蟹を食べるなら姿蒸しが定番だが、次から次へと未体験の美味が繰り出され、まさに “カーニバル” のような食体験を堪能できる。
2/7
南蘇名物 夫婦蟹味噌ソースかけご飯(25,000円のコースの一例)。
3/7
米にオスとメス両方の蟹の味噌や卵、白子、内子を乗せていただく。
4/7
豆腐の蟹肉煮込み(25,000円のコースの一例)。
5/7
雄蟹の胸肉炒め ポーピン添え10,000円(2〜3人前)。ゴマをまぶした香ばしいポーピン(薄餅)に蟹の身をぎゅっと詰めて食べる。アラカルト、または25,000円/35,000円、50,000円コースに一部登場する。
25,000円のコースに含まれる料理のなかでも1人前に10匹もの蟹の味噌や卵、白子、内子が入った「南蘇名物 夫婦蟹味噌ソースかけご飯」やポーピンという筒状の薄餅に雄蟹の胸肉をたっぷりと詰めて食べる「雄蟹の胸肉炒め ポーピン添え」は、上海蟹の新たな魅力に心揺さぶられる傑作。ピュアな身の甘みに恍惚とする「蟹王府 特製氷結蟹」や、旨み濃厚な小龍包など、上海の美食の知恵が息づいた料理が心を豊カニしてくれる。
6/7
ディナーコースは3種。風水を取り入れたという空間で“口福”なひとときを。
 
7/7
4名以上で利用できる個室も4室完備(コースのみ)。
[予算]夜は1人30,000円〜
ディナーコースは25,000円から用意。2,800円からのランチセットも充実の内容。アラカルトも。

[予約]事前に予約を
ランチ、ディナーともに事前の予約を。ゆったりと優 “ガニ” 蟹尽くしの時間を過ごしたい。

[ドレスコード]スマートシック
シックな装いで特別な雰囲気を楽しみたい。店のラッキーカラーでもある濃紺にリンクさせても。

〈蟹王府 日本橋店〉
東京都中央区日本橋室町2-1-1 三井二号館1F TEL 03 6665 0958。11時〜15時、17時〜23時。定休日は施設に準ずる。80席、他テラス12席。※営業時間は情勢により変更する場合があります。

小寺慶子

こでらけいこ 肉を糧に生きる肉食系ライター。最近の趣味は昼飲みをしながら食べ物回文を考えること。「イタリアで、締めたいイタ飯でありたい」(微酔のひらめき)。
会員プログラム

登録者数12,000人突破!

建築家のアトリエ見学/名作家具プレゼント/限定メールマガジン…すべて無料。

建築家のアトリエ見学に、名作家具プレゼントも。

いますぐ登録!