建築家・荒木信雄に聞く、藤原ヒロシとのコンビニ作り|石田潤の In the mode | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

建築家・荒木信雄に聞く、藤原ヒロシとのコンビニ作り|石田潤の In the mode

藤原ヒロシによるまったく新しい形のコンビニエンスストア〈ザ・コンビニ〉が、〈Ginza Sony Park〉に登場! 空間をデザインした荒木信雄に、藤原ヒロシとの店づくりについて聞いた。

設営準備中の〈ザ・コンビニ〉にて藤原ヒロシと荒木信雄(右)。 photo_Shoichi Kajino
8月9日、銀座に新たな街の“顔”となる〈Ginza Sony Park〉が誕生する。建て替えのため解体された〈ソニービル〉の跡地に、2020年秋までの期間限定でオープンする“公園”をコンセプトとした施設だ。地上面には植物が買える「アヲ GINZA TOKYO」や「トラヤのPOP upストア」など、普通の“公園”とは少々異なる施設が並び、「ローワーパーク」と呼ばれる地下4フロアにも、ここにしかないユニークな店舗や施設が登場する。中でも、目玉の一つは藤原ヒロシによる〈ザ・コンビニ〉だ。ルイ・ヴィトンをはじめ、さまざまなブランドとのコラボレーションで名を馳せる藤原ヒロシの“コンビニエンスストア”とは一体どんなものなのか? 空間を手がけた建築家の荒木信雄が、そのデザイン・コンセプト、そして藤原ヒロシとの店づくりについて語った。
完成した〈ザ・コンビニ〉店舗ファサード。
Q そもそも〈Ginza Sony Park〉に“コンビニ”を作るというアイディアはどこから?
(藤原)ヒロシさんからです。〈Ginza Sony Park〉は、ジャンクション建築で、地下鉄や駐車場とつながっています。インフラに近いところにキオスクやコンビニエンスストア(以下コンビニ)はありますよね。もちろん公園にも。ヒロシさんの「場所にマッチングする」という嗅覚から生まれたアイディアだと思います。
地下4層の断面模型。〈ザ・コンビニ〉は地下1階にあり、ちょうど地上面にある公園の三角形の形状の敷地の真下に当たる。 photo_Shoichi Kajino
Q 藤原ヒロシさんとお店を作る際には、コンセプト作りから参加するのですか?
ケース・バイ・ケースですね。今回のように「コンビニやろうよ」と最初から決まっている場合と、「何やろうか」というところから始まる場合があります。ヒロシさんも僕も、その時の世の中の状況や周りの雰囲気を見ながら、既存のものをツイストして作るというやり方をよくやります。ゼロから作り出すのも面白いけれど、今はそのほうが面白いと思うんですよね。〈Ginza Sony Park〉は、世の中にある「公園」のレンジを広げることを目指しています。そういう中で、ヒロシさんが作るコンビニがどんな化学反応を生み出すのか、ソニーや他のテナントがやることも考慮してスタートしました。
「コンビニは大好きですよ。伊勢丹より行きます」という藤原ヒロシ。「いつかコンビニを作りたいと以前から思っていました。日本が誇るものですから」。現場の最終チェックでは「安っぽい照明と白い壁がコンビニ感出てますね」と満足げ。  photo_Shoichi Kajino
Q 荒木さんが藤原さんと作った最初のお店は?
〈READY MADE TOKYO〉(竣工1998年)ですね。ヒロシさんがその時に気になっていてやりたいことをやる、というのは当時から変わっていませんが、今は扱うものが広がっている。〈ザ・コンビニ〉では初めてお菓子も扱いますが、それもやりたかったことの一つだと思います。20年前はそこまで商材を広げる環境ではなかったのかもしれません。
〈ザ・コンビニ〉スペシャルパッケージのうまい棒が登場。
うまい棒の巨大詰め合わせセットも販売。
〈ザ・コンビニ〉スペシャルパッケージのうまい棒が登場。
うまい棒の巨大詰め合わせセットも販売。
Q 〈ザ・プール青山〉、〈ザ・パーキング銀座〉、〈ザ・コンビニ〉と、藤原さんは敷地がコンセプトを考える上でキーとなるプロジェクトが続いていますね。
空間が店の名前を規定するのは、ヒロシさんならではの感覚ですね。〈ザ・プール青山〉は、ヒロシさんに「青山にプールあるの、知ってる?」と聞かれたところから始まりました。僕は知らなかったのですが、そもそもプールでお店をやるという発想自体が面白い。その時からヒロシさんはプール三部作をやりたかったのだと思います。「プール」に始まり、「プール・バー」と「モーター・プール」。「プール・バー」は伊勢丹でやった〈ザ・プール青山〉のポップアップで実現し(2015年6月)、「モーター・プール」は〈ザ・パーキング銀座〉になりました。
大きなプールがある空間をそのまま活かしたユニークな設えの〈ザ・プール青山〉(2014年4月〜16年3月)。毎回テーマを設けて期間限定で展開するポップアップストアの先駆けとして注目を集めた。 photo_Atsushi Fuseya(magNese)