年に1ヶ月だけ見られる国宝、《燕子花図屏風》展が今年も始まります。 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

年に1ヶ月だけ見られる国宝、《燕子花図屏風》展が今年も始まります。

根津美術館で毎年春に行われる、尾形光琳《燕子花図屏風》の特別展。今年は4月18日〜5月17日に開催します。

国宝《燕子花図屏風》(左隻)尾形光琳筆 6曲1双、紙本金地着色 日本・江戸時代 18世紀 根津美術館蔵。
国宝《燕子花図屏風》(右隻)尾形光琳筆 6曲1双、紙本金地着色 日本・江戸時代 18世紀 根津美術館蔵。
毎年春が過ぎ、初夏へと移り変わる4月~5月の1ヶ月間、〈根津美術館〉は尾形光琳の国宝《燕子花図屏風》を展示する。2020年の日程は、4月18日〜5月17日に決定した。この時期に開催する理由は、〈根津美術館〉の名物とも言える庭園の燕子花が一斉に開花するから。美術館で人気の国宝を観賞し、庭園からそのモチーフとなる満開の燕子花を楽しめる年に一度のチャンスだ。

京都の高級呉服商に生まれ、文様と色に囲まれて育った光琳。《燕子花図屏風》はそんな彼の生い立ちを反映した発色の良い絵具で描かれ、青、緑、金(黄)の煌びやかな色彩が特徴だ。この3色は東洋美術において伝統色であり、その鮮烈な色彩感には江戸時代ならではの美意識が反映している。

本展覧会では「色彩の誘惑」をテーマとし、この色彩と傾向を同じくする作品を合わせて展示。平安時代の紺紙金泥経(紺紙や紫紙に金・銀泥で書写したもの)や、青や緑を主調とする画面に金彩が加わって聖なるイメージを持つ中世の仏教画家、また群青と緑青と金を用いて描かれた唐時代以来の金碧山水(青緑山水)と、中国の華南三彩の色使いに通じる陶芸作品などを共に観賞することで、《燕子花図屏風》に新しい光を当てる。
会員プログラム

登録者数12,000人突破!

建築家のアトリエ見学/名作家具プレゼント/限定メールマガジン…すべて無料。

建築家のアトリエ見学に、名作家具プレゼントも。

いますぐ登録!