90年代の名展示が、〈ハラミュージアムアーク〉で蘇る。 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

90年代の名展示が、〈ハラミュージアムアーク〉で蘇る。

90年代に〈原美術館〉が世界に向けて企画・開催した日本の美術史に残る三つの展示をまとめて振り返ることのできる機会が到来です。

『プライマルスピリットー今日の造形精神』(1990〜91年)で展示された戸谷成雄の彫刻作品『森II』。(ハラ ミュージアム アークでの展示風景)。撮影:山本糺 (c) Shigeo Toya
〈原美術館〉が90年代に企画・主催した三つの展覧会『プライマルスピリットー今日の造形精神』『空間・時間・記憶—Photography and Beyond in Japan』『倉俣史朗の世界』。これらは、日本の現代美術を海外に発信する目的で、それぞれ彫刻・写真・デザインという異なる表現方法の作品群で構成された大型プロジェクトだった。

この度、倉俣史朗をはじめ、当時の企画展に参加したアーティストによる作品を選りすぐり展覧し、その発信の軌跡の一端をたどる展示が群馬県渋川市の〈ハラ ミュージアム アーク〉にて開催されている。
『空間・時間・記憶—Photography and Beyond in Japan』(1994〜97年)に参加したアーティストのひとり荒木経惟の『顔写』より。 (c) Nobuyoshi Araki
没後5年を経て開催された『倉俣史朗の世界』(1996〜99年)の展示風景。会場構成は、倉俣自身が信頼を寄せていたエットレ・ソットサスが担当した。撮影:藤塚光政
『空間・時間・記憶—Photography and Beyond in Japan』(1994〜97年)に参加したアーティストのひとり荒木経惟の『顔写』より。 (c) Nobuyoshi Araki
没後5年を経て開催された『倉俣史朗の世界』(1996〜99年)の展示風景。会場構成は、倉俣自身が信頼を寄せていたエットレ・ソットサスが担当した。撮影:藤塚光政

『アートを発信する―原美術館発国際巡回展の軌跡』

〈ハラ ミュージアム アーク 現代美術ギャラリー〉

群馬県渋川市金井2855-1
TEL 0279 24 6585。9時30分〜16時30分。3月10日〜6月24日。木曜休(3月29日、5月3日は開館)。一般 1,100円。