2020年の『KYOTOGRAPHIE』がいよいよ開幕! | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

2020年の『KYOTOGRAPHIE』がいよいよ開幕!

今年で8回目を迎える写真の祭典『KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭』。春から開催を延期していましたが、9月19日〜10月18日の開催が決定! 2020年のテーマは「VISION」です。

ウィン・シャ《In the mood for love》2000年 Courtesy of Wing Shya.
京都で毎年開催される『KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭』。今年は新型コロナウイルスの影響で会期を延期していたが、9月19日から開催が決定した。

第8回目となる今回は「VISION」をテーマとし、国内外の第一線で活躍するアーティストが撮り下ろしを含めた作品を発表する。展示会場には〈誉田屋源兵衛 竹院の間〉〈京都府庁旧本館〉や〈伊藤佑 町家〉など、さまざまな歴史的建造物14カ所が選ばれた。

今回最も注目すべきアーティストは、セネガル出身のオマー・ヴィクター・ディオプだ。昨年秋に1カ月弱京都に滞在し、〈出町桝形商店街〉で働く店主たちを撮影したポートレート作品を撮影した彼は、その作品を商店街のアーケードに吊るして展示する。そのほかにも、欧米で活躍したアフリカ出身の歴史上の偉人と、欧州リーグでプレーするアフリカ出身のサッカー選手、そして当時欧州で活動していた自らを重ねたセルフポートレート「Diaspora」シリーズを日本で初めて発表する。
©Omar Victor DIOP / Courtesy of KYOTOGRAPHIE
©Omar Victor DIOP / Courtesy of KYOTOGRAPHIE
©Omar Victor DIOP / Courtesy of KYOTOGRAPHIE
©Omar Victor Diop, Courtesy of MAGNIN-A Gallery.
©Omar Victor Diop, Courtesy of MAGNIN-A Gallery.
©Omar Victor Diop, Courtesy of MAGNIN-A Gallery.
©Omar Victor Diop, Courtesy of MAGNIN-A Gallery.
そのほかにも海外から多数アーティストが参加。特に視覚障害を持つ少年少女たちのポートレートを撮影したフランスの写真家、マリー・リエスや、〈ルイ・ヴィトン〉、〈マルタン・マルジェラ〉などのブランドヴィジュアルを手がけ、ウォン・カーウァイ監督の映画ではフォトグラファーとグラフィックデザイナーをつとめた、香港人のウィン・シャなどの作品は必見だ。
マリー・リエスの作品。©︎Marie Liesse
©︎Marie Liesse
ウィン・シャ《In the mood for love》2000年 Courtesy of Wing Shya.
ウィン・シャ《RUN RUN KIDS》1997年 Courtesy of Wing Shya.
フランス人写真家、エルサ・レイダーの作品。ブドウ収穫時期にシャンパーニュ地方ランスを訪れ、ブドウと共に働く人々と自然の関係性を捉えて作品を制作した。《無題、レイヨグラム(2つのボトル)》 Heatwaveシリーズ、2019年9月
エルサ レイダー・Heatwaveシリーズ、2019年9月
ピエール=エリィ・ド・ピブラックの作品。2014〜2015年にかけて、パリ・オペラ座の舞台裏に密着。ダンサーたちの間に溶け込み、歌劇場での生活を共有しながら彼らの動きを観察し、あらゆる瞬間を捉えた。©Pierre-Elie de Pibrac / Agence Vu'
©Pierre-Elie de Pibrac / Agence Vu'
オランダ人アーティストのマリアン・ティーウェンによる作品。世界中のさまざまな都市で廃墟と化した建物の破片を収集し、それらを再利用したインスタレーションを発表している。《Destroyed House Krasnoyarsk 1》2010年
マリアン・ティーウェン《Destroyed House Op Noord 5》2014年
日本からは、先天性の四肢疾患により幼少期に両足を切断した経験から、オブジェや立体作品、装飾を施した義足を使用しセルフポートレートを制作する片山真理、また10年にわたり高齢者専用の弁当配達員をしながら撮影し、「生と死」「高齢化社会」といったテーマを浮かび上がらせた福島あつしが参加する。
先天性の四肢疾患により9歳で両足を切断した片山が、自身の足をモチーフに制作した最新シリーズ。片山真理《in the water》2019年 ©︎Mari Katayama
片山真理《25 days in tatsumachi studio/鈴木薬局 眼鏡部 Suzuki Pharmacy Optometry #002》2015年 ©︎Mari Katayama
片山真理《bystander #016》2016年 ©︎Mari Katayama
2004年から10年間、神奈川県川崎市で高齢者向け弁当配達の仕事に携わりながら、出会った人々にレンズを向けた福島あつしの作品。© Atsushi Fukushima
「当初は死と向き合っているような感覚があったが、撮影を長年続けるなかで、生と向き合っているのだと感じるようになった」福島は語る。© Atsushi Fukushima
外山亮介の作品。20代の頃に同世代の職人が10年後の自分を想像するポートレートを撮影。その10年後に再び彼らを訪ね、「アンブロタイプ(ガラス湿板写真)」という手法で撮影する。まるごと美術館 妙覚寺《工芸/共生/光景》展 2019年 ©︎外山亮介
京都の文化人が集うバー〈八文字屋〉の店主としても有名な甲斐扶佐義の作品。京都・市井の風景を50年撮り続けている。《傘投げ遊び》1978年 ©Kai Fusayoshi
さらに本祭と同時開催のアソシエイテッド・プログラムでは、瀧本幹也の大型個展『CHAOS 2020』が〈妙満寺〉で行われる。枯山水の名庭「雪の庭」にちなみ、雪山を写した大型作品含む約30点の写真作品とアートインスタレーションを展示する予定だ。寺院という生と死が共存する空間で、改めて削ぎ落とされた“美とは何か?”を、深く考え、再定義することができる構成となっている。
《SNOW MOUNTAIN #01》SNOW MOUNTAIN #01 / LAND © 2020 Mikiya Takimoto
《SNOW MOUNTAIN #02》SNOW MOUNTAIN #02 / LAND © 2020 Mikiya Takimoto
さらに本祭の開幕日には、『KYOTOGRAPHIE』の常設スペースである 〈DELTA/ KYOTOGRAPHIE Permanent Space〉がオープン予定。1階がギャラリーとカフェ、2階がホテルとなっており、会期後も永続的にアートを発信する場所として活用される。秋の京都を巡りながら世界中のアーティストの写真を楽しめるこの機会に、ぜひ足を運んでみてはいかがだろう。

『KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭2020』

京都市内14カ所で開催。9月19日〜10月18日。開館時間、休館日は会場によって異なるため、公式サイトを要確認。各会場入場は閉館の30分前まで(野外展示以外。混雑状況により早まる場合あり)。会期中、各会場1回のみ入場可能なパスポートは4,000円。

『CHAOS 2020』瀧本幹也写真展

〈妙満寺 大書院〉
京都府京都市左京区岩倉幡枝町91。9月19日〜10月18日。9時〜16時30分。無休。拝観料500円。

AIがあなたにおすすめ

※過去の記事も表示されます