【展覧会リポート】すべて日本初公開! 村上隆の五百羅漢図展 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

【展覧会リポート】すべて日本初公開! 村上隆の五百羅漢図展

村上隆の国内14年ぶりの大規模個展、全長100mもの《五百羅漢図》が日本で初公開されている。

展覧会名にもなっている《五百羅漢図》は圧巻の作品だ。《五百羅漢図》(部分)2012年 ©2012 Takashi Murakami/Kaikai Kiki Co., Ltd. All Rights Reserved.
森美術館で開催中の『村上隆の五百羅漢図展』は現代美術家、村上隆の大規模な個展だ。日本では2001年以来、14年ぶりの開催となる。今回、展示されている絵画や彫刻など約40点はすべて日本初公開、そのうち約30点もが新作となる。展覧会名にもなっている《五百羅漢図》は世界の絵画史上最大級の作品だ。
東日本大震災後に支援を表明したカタールへの感謝を込め、2012年にドーハで発表。 《五百羅漢図》(部分)2012年 ©2012 Takashi Murakami/Kaikai Kiki Co., Ltd. All Rights Reserved.
五百羅漢とは釈迦の教えを広めた500人の弟子の聖人たちのこと。100mにも及ぶこの作品には500人の羅漢が描かれ、中国の古代思想で東西南北を司る四神(青竜、白虎、朱雀、玄武)の名を冠した4面で構成される。

AIがあなたにおすすめ

※過去の記事も表示されます