新生ペース・ギャラリーで、アレクサンダー・カルダー展開催中。 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

新生ペース・ギャラリーで、アレクサンダー・カルダー展開催中。

9月14日、計8階建ての巨大アート空間へと生まれ変わったNYの〈ペース・ギャラリー〉。目玉の展示はアレクサンダー・カルダーです!

Alexander Calder Object with Red Ball, 1931 Photo Courtesy of: Calder Foundation, New York / Art Resource, New York  (c) 2019 Calder Foundation, New York /Artists Rights Society (ARS), New York
〈ペース・ギャラリー〉のこけら落としはアレクサンダー・カルダーのモビール展だ。5.5mの天井高を誇る1階ギャラリーで、1920年代~1960年代の作品およそ70点を展示する。1925年に描いた動物のスケッチから、1920年代後半の針金作品、1930年代に制作した抽象画、そして「動く彫刻」ことモビールの初期作品など、カルダーが辿った道のりをつぶさに確かめられる。
Alexander CalderJohn Graham, 1931 Photo Courtesy of: Calder Foundation, New York / Art Resource, New York (c) 2019 Calder Foundation, New York /Artists Rights Society (ARS), New York
カルダーは生前こう語った。「私は、動きの要素すべてをモビールに注ぎ込もうと試みてきた。あらゆる動きをいかに調和させられるか、そして新たな美の可能性に到達できるか、ということなのです」

会期中は、モビールをギャラリースタッフが定期的に揺すり、その動きを楽しめるようにするそう。「宙に描いたドローイング」とも称されたワイヤー作品しかり、ぜひ実物を間近で体験してみたい。
油彩画。Alexander CalderUntitled, 1930 Photo Courtesy of: Calder Foundation, New York / Art Resource, New York (c) 2019 Calder Foundation, New York /Artists Rights Society (ARS), New York

『Calder / Small Sphere and Heavy Sphere』

〈ペース・ギャラリー〉540 25th St., New York TEL (1) 212 421 3292。~10月26日。月曜~木曜は10時~18時(金曜は16時まで)。土・日休。入館無料。

AIがあなたにおすすめ

※過去の記事も表示されます