速報:〈Apple京都〉が8月25日、四条通にオープン! | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

速報:〈Apple京都〉が8月25日、四条通にオープン!

アップルは8月25日、京都・四条通沿いに〈Apple京都〉をオープンする。スティーブ・ジョブズが愛した古都に生まれる最新ストアは、ディテールに注目です!

1600年代ごろから京都を代表する目抜き通り、四条通沿いにオープンする〈Apple京都〉は、3フロア構成だ。四条通の喧騒から連続性を保った全面ガラス張りの1階、障子のような壁面から漏れる光が美しい2階。3階には商談などのために用意された特別な会議室がある。各階は大きな吹き抜けによって結ばれている。
複数階にまたがる吹き抜けのアトリウムでは、無料講座〈Today at Apple〉のセッションが行われる。そして、階段に注目!
「Town Square」と呼ばれるコンセプトに基づいた参加型の店内。
複数階にまたがる吹き抜けのアトリウムでは、無料講座〈Today at Apple〉のセッションが行われる。そして、階段に注目!
「Town Square」と呼ばれるコンセプトに基づいた参加型の店内。
1階と2階を結ぶ、こだわりの階段。
素材はイタリア製のテラゾー。
まるで《iPhone》のように極めて高い精度で加工された、手すり。
吹き抜け。
1階と2階を結ぶ、こだわりの階段。
素材はイタリア製のテラゾー。
まるで《iPhone》のように極めて高い精度で加工された、手すり。
吹き抜け。
注目は、1階と2階を結ぶ階段。フォスター+パートナーズの設計による、本社〈Apple Campus〉内の《スティーブ・ジョブズ・シアター》と同じ仕様のこだわりの階段なのだ。素材はイタリア製のテラゾー。精緻に加工されたグラマラスな手すりには、思わず触りたくなる魅力がある。
2階では、無料講座〈Today at Apple〉のセッションが行われる。
2階の障子のような壁面。四条通側。
建具と和紙を思わせるディテール。
2階では、無料講座〈Today at Apple〉のセッションが行われる。
2階の障子のような壁面。四条通側。
建具と和紙を思わせるディテール。
写真や音楽、プログラミングなどに関する知識を教えてもらえる無料講座〈Today at Apple〉のセッションも行われる2階。格子状の建具に繊維が透けて見える和紙のような素材を組み合わせた壁面は、まるで日本の伝統的な木造家屋の障子だ。四条通から外光が差すと、和の空間にいるかのような雰囲気が漂う。これら2階のデザインは、日本の行灯からインスピレーションを得たという。また、純白の壁は漆喰で仕上げられている。
3階〈BOARDROOM〉。
壁には本社〈Apple Campus〉に関する、アートワークが額装されている。
《スティーブ・ジョブズ・シアター》のコンセプトイメージ。
3階〈BOARDROOM〉。
壁には本社〈Apple Campus〉に関する、アートワークが額装されている。
《スティーブ・ジョブズ・シアター》のコンセプトイメージ。
3階には、商談などのための〈BOARDROOM〉がある。この部屋は、本社〈Apple Campus〉内の会議室を再現している。深澤直人のアームチェア《HIROSHIMA》が置かれ、壁面には〈Apple Campus〉に関するイメージが飾られている。

スタッフも充実している。アムステルダム、マイアミ、ニューヨーク、東京での勤務経験がある100人以上が〈Apple京都〉に集結。12の異なる言語に対応しているので、国際色豊かな古都にふさわしいストアになりそうだ。最寄り駅は、地下鉄烏丸線の四条駅または阪急京都線の烏丸駅、四条通沿いの大丸の隣。オープン当日の8月25日は、先着順で限定Tシャツが配布されるので、お見逃しなく!