ケリー・ヒルが手がけた〈アマンヤンユン〉が上海に。 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

ケリー・ヒルが手がけた〈アマンヤンユン〉が上海に。

『カーサ ブルータス』2018年3月号より

悠久の森を再現したリゾート〈アマンヤンユン〉が上海郊外に誕生し、2018年4月にグランドオープンを迎える。ホテルジャーナリストせきねきょうこが訪れました。

リゾートの中心に位置する中庭に立つ「皇帝の樹」には赤いリボンが巻かれている。奥の清楚なヴィラが「楠書房」の入り口。清時代の学校を移築した建物である。
2018年、アマンは創業30周年の節目を迎えている。そして年頭の1月8日に中国4軒目となるアマン〈アマンヤンユン〉が大都市上海の郊外に、静かにドアを開けた。アマンはサンスクリット語で‘平和なる’、ヤンユンは中国語で‛豊かな雲’を指し、雲上から降り注がれる叡智を学ぶことを意味する。
天井の高いシンメトリーの空間は広いロビーラウンジ。建築家ケリー・ヒルらしくモダンと伝統が美しく調和。
アマンヤンユンの広大な敷地には、上海から700kmも離れた江西省撫州市周辺から1万本を超える樹木が運ばれ移植されている。10年以上もかけて‘森を移す’という壮大な計画を遂行したのは、撫州市のダム建設でひとつの町すべてが水面下に沈むことを憂いた撫州市出身の若き企業家、マ・ダードン氏の発案だ。
ほかと比べてもひと際大きい「皇帝の樹」。
散水のための井戸も皇帝の樹とともに移されたもの。
中でも、高さ17m、重さ80トンにも及ぶ樹齢千年(周辺住民談)ものクスノキの巨樹は「皇帝の樹」として住民から敬われ、崇められていた御神木。当初は移植に反対していた住民も保存に納得し、今ではリゾートの中央に燦然と鎮座している。傍らには共に運ばれた古井戸が設置され、「皇帝の樹」への水やりをゲストのセレモニーとして、大切に継承している。
随所に水が配され、水面に映る光景もデザインの一部に。
「私は、自分の故郷や周辺地域の歴史的な住居や、何世代にもわたり住民の心の支えであった皇帝の樹、千年以上も生きる勇壮な森の情景が忘れられず、‘歴史の遺産後見人’として次世代に継承することにしました」
と、マ氏は語る。

〈アマンヤンユン〉は、それら樹木とともにあるリゾートである。
4ベッドルームのヴィラも明や清の時代の邸宅であったもの。
ヴィラのリビングルーム。左手にはベッドツームが。
客室はいずれも中庭が造られ明るく使い勝手がいい。写真は復元されたヴィラの一画にある「ミンデラックスパヴィリオン」の寝室。客室のデザインほぼ同じ。
クスノキと同時に50軒に及ぶ明・清朝時代の邸宅や学校であった建物がが解体され運ばれ、26軒の客室用パヴィリオンとして再建された。

AIがあなたにおすすめ

※過去の記事も表示されます