奥日光の新アイコン〈ザ・リッツ・カールトン日光〉を徹底紹介! | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

奥日光の新アイコン〈ザ・リッツ・カールトン日光〉を徹底紹介!

2020年7月、奥日光に誕生した〈ザ・リッツ・カールトン日光〉。その土地に根ざし、歴史や文化を世界に発信する〈ザ・リッツ・カールトン〉ブランドの精神が息づく美しいホテルだ。四季を通して日光の奥深さを伝える“リッツ哲学”を紹介する。

●歴史ある避暑地に誕生した美しい“邸宅”。

〈ザ・リッツ・カールトン〉ブランドの国内で5軒目となる〈ザ・リッツ・カールトン日光〉。客室の外観は日光で馴染みの深い杉のフレームで縁取られている。
1894年に創業した〈レーキサイドホテル〉時代から受け継がれるモミの大木のほか、庭には100本以上の木々が大切に残されている。
四季折々の表情を見せる中禅寺湖の雄大な眺め。
花崗岩がシックな表情を作るエントランス。ゲストの出発を知らせる釣鐘が置かれている。
日光国立公園内に位置し、中禅寺湖畔の歴史的な立地にオープンしたラグジュアリーホテル〈ザ・リッツ・カールトン日光〉。その魅力は、景観にみごとに溶け込むデザインフィロソフィーにあると言っていい。ここは明治27(1894)年、外国人専用のホテル〈レーキサイドホテル〉が開業した土地であり、いわばリゾートホテルゆかりの地。明治期から欧米の外交官らの避暑地として栄え、独自の文化が育まれてきた場所でもある。そうした歴史を反映した5階建ての低層階からなる佇まいは、「奥日光の自然と調和する邸宅」というデザインコンセプトが随所に散りばめられている。

●奥日光の景観と調和するシームレスなデザイン。

一瞬にして静穏な世界へといざなう〈ザ・ロビーラウンジ〉。空間デザインはオーストラリアの〈LAYAN Architects + Designers〉が手がけた。
ゲストを出迎える「アライバルロビー」。館内には田中信太郎の作品をはじめ(写真中央)、十数名の作家による100点以上のアートが点在する。コーディネイトは北川フラム率いるアートフロントギャラリーなどが担当。
「ザ・ロビーラウンジ」に隣接する「ザ・ライブラリー」。赤々と燃える2つの暖炉に囲まれ、クルミの巨木から切り出した大テーブルでゆったりと過ごすことができる。
ホテルはメイン棟、中禅寺湖を望むレイク棟、男体山側のマウンテン棟の3棟からなり、建築設計は〈ザ・リッツ・カールトン京都〉に続き〈日建設計〉が担当。〈レーキサイドホテル〉時代に植樹された樹齢120余年の古木を大切に残し、窓を極力大きくとったロビーラウンジや客室からは、その樹木越しに中禅寺湖や男体山の景観が堪能できるよう配慮されている。杉材や日光石(安山岩)、大谷石、銅板など栃木県ゆかりの素材が数多く使われ、館内のどこにいても周囲の自然と“繋がる”感覚があり、なんとも心地いい。1世紀の時を生きる木々を視線の先に意識的に残したからこそ、新オープンのホテルでありながら成熟した落ち着きに満たされているのだろう。

「ザ・ロビーラウンジ」では全国の銘茶を集めた日本茶セレクションが楽しめるほか、日本茶と味わう和のアフタヌーンティーも高い人気を集めている。
「ザ・ロビーラウンジ」の日本茶セレクションは、玉露や煎茶、ほうじ茶、ブレンド茶など10種類以上。専用の茶器で淹れていただける。
本日は鹿児島の煎茶に季節の和菓子「浮島」を合わせて。栃木県産クリームチーズを使い、中には青えんどう豆の甘納豆入り。
そして呑み助の心を掴むのが、ラウンジエリアの一番奥にある「ザ・バー」。希少な国産銘柄をはじめ国内外のウィスキーが100種類以上コレクションされ、イチゴやワサビ、湯葉、日本酒など地元産の素材を使ったユニークなシグネチャーカクテルも揃う。1日の締めくくりに立ち寄りたい場所だ。
「ザ・バー」のカウンター。陶磁器タイルの壁面に国内外のウィスキーが天井までディスプレイされ、眺めるだけでも楽しい。
シグネチャーカクテルより、戦場ヶ原のいちご農園〈Mt.Berry奥日光〉の「なつおとめ」(夏〜秋)など栃木産イチゴを使った「ストロベリーキングダム」(右)と、甘酒をベースにしたモクテル、その名も〈ノマザル〉(左)。
一部の希少なウィスキーは、ホテルのロゴを押印した〈四代目徳次郎〉の天然氷で出してくれる粋なサービスも。

AIがあなたにおすすめ

※過去の記事も表示されます