下関市体育館 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS facebook-a facebook instagram line twitter youtube
山口

042 下関市体育館

Shimonoseki City Gymnasium (1963)

山口県下関市向洋町1-12-1
google maps
083-231-2721
9時〜22時(日・祝〜17時)。12月28日〜1月4日休。
1963年竣工。設計:坪井善勝。丹下健三と協働し〈国立代々木競技場〉〈東京カテドラル聖マリア大聖堂〉などの傑作を生み出した構造家が単独で設計した唯一の建築作品。坪井によると、市からは、文献にもない新しい構造形式をとることという条件が示されたという。傾斜した2本の柱から続く側面屋根の勾配は次第に変化し、背面で逆反りとなって終わる。側面屋根は直線の軌跡として描かれるHPシェルであり、それと二等辺三角形の天井屋根の3枚で囲われた形がそのまま内部空間を構成する。屋根が30cm角のアルミ板で葺かれているのは、ねじれた面に対応するため。経年変化した色味が日の光を浴びて鱗のように光る。水の中を泳ぐエイ、あるいは下関名物のフグ。構造家らしい数学的な形態でありながら、内部空間は個性的。訪れる者をさまざまな連想へと誘う。

特集TOPへ戻る

Attention!!

●すべてのデータは2014年11月20日現在のものです。開館時間、休館日等は変更される可能性がありますので、事前に必ずご確認ください。
●多くの美術館等の施設では、入館時間は閉館の30分~1時間前までになっています。
●休館日が祝日の場合は開館し、翌日に休館する場合が多くあります。展示替え期間や年末年始は休館となることもあります。
●入館料は一般の大人料金(税込)。