岡山

041 津山文化センター

Tsuyama Culture Center (1965)

岡山県津山市山下68
google maps
0868-22-7111
休館中
1965年竣工。設計:川島甲士。津山城趾内に位置する複合文化施設。地上3階建ての中に、約1,000人を収容する大ホール、ホワイエ、会議室などが収まり、展示施設は別棟とした計画。城址の石垣に呼応するかのような逆台形の外観が印象的だ。周りをとりまく回廊部分に取り付けられたのはコンクリート製の「斗栱」(ときょう)。これにより2階と3階の床を大きく張り出させている。斗栱は日本の伝統的木造建築の大きな屋根を支える構造要素であり、城址という歴史的遺構を意識したもの。また、建物中央に配される大ホールの左右の壁面は上部が内側に傾斜するHPシェル4枚で形成される。外周の上部に迫り出す構造とバランスをとっているという高度な構造計画を前川國男との協働で知られる木村俊彦が行っている。展示棟の外壁面はグラフィックデザイナー粟津潔によるデザイン。

特集TOPへ戻る

Attention!!

●すべてのデータは2014年11月20日現在のものです。開館時間、休館日等は変更される可能性がありますので、事前に必ずご確認ください。
●多くの美術館等の施設では、入館時間は閉館の30分~1時間前までになっています。
●休館日が祝日の場合は開館し、翌日に休館する場合が多くあります。展示替え期間や年末年始は休館となることもあります。
●入館料は一般の大人料金(税込)。