東光園 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS facebook-a facebook instagram line twitter youtube
鳥取

037 東光園

Hotel Toukouen (1964)

鳥取県米子市皆生温泉3-17-7
google maps
0859-34-1111
1964年竣工。設計:菊竹清訓。皆生温泉の老舗旅館の新館として計画された。厳島神社の大鳥居を彷彿とさせる添え柱、貫をもつ6組の柱が大梁を上部まで持ち上げ、そこから客室である5階と6階2層の床を吊り下げるという大胆な構造をもつ。これは和室の客室内に大きな柱が出てしまうことを避けた解決策でもある。吹き抜けをもつエントランスロビーに現れるコンクリートの組み柱は緊張感のある空間を創出。最上階には、複雑な形状ながら日本的な印象を与える屋根が載せられ、古代木造建築にも通じる大胆で力強い構造によって、繊細な数寄屋風とは異なる日本的な表現を見せることから、日本独自のモダニズム建築の頂点のひとつとされる。また、菊竹が掲げた「柱は空間に場を与え、床は空間を規定する」という命題をよく表した作品としても知られる。庭園は彫刻家・流政之が作庭。

特集TOPへ戻る

Attention!!

●すべてのデータは2014年11月20日現在のものです。開館時間、休館日等は変更される可能性がありますので、事前に必ずご確認ください。
●多くの美術館等の施設では、入館時間は閉館の30分~1時間前までになっています。
●休館日が祝日の場合は開館し、翌日に休館する場合が多くあります。展示替え期間や年末年始は休館となることもあります。
●入館料は一般の大人料金(税込)。