東京

013 東京カテドラル 聖マリア大聖堂

St.Mary’s Cathedral, Tokyo (1964)

東京都文京区関口3-16-15
google maps
03-3945-0126
1964年竣工。設計:丹下健三。〈国立代々木競技場〉と同時期に設計され、丹下健三の名を世に知らしめた代表作のひとつ。指名コンペで前川國男、谷口吉郎という二人の巨匠と争い、勝利した。8枚のHPシェル(双曲放物面を利用した一体構造)をほぼ垂直に立てかけ、壁と屋根両方の役割を与える構造で、外壁は総ステンレス張り。上空から見るとキリスト教を象徴する十字架を形作っている。内部には柱が一切なく、鋭く傾斜した壁は、天井高最高40mの荘厳な大空間をつくり、見上げるとトップライトが十字に輝く。祭壇の奥には、ステンドグラスではなく、アラバストル大理石を薄く切り出してはめた格子状の窓を置いている。2007年に丹下都市建築設計が監修した改修が行われ、外装は防水下地処理を行った上で新たにステンレス板葺きに、トップライトは雨水の溜まりにくいフラットな設計に変更され、採光性が高まった。

特集TOPへ戻る

Attention!!

●すべてのデータは2014年11月20日現在のものです。開館時間、休館日等は変更される可能性がありますので、事前に必ずご確認ください。
●多くの美術館等の施設では、入館時間は閉館の30分~1時間前までになっています。
●休館日が祝日の場合は開館し、翌日に休館する場合が多くあります。展示替え期間や年末年始は休館となることもあります。
●入館料は一般の大人料金(税込)。