2019年の「いちごアフタヌーンティー」はデザインコンシャス! | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

2019年の「いちごアフタヌーンティー」はデザインコンシャス!

冬になったら食べたくなる、いちごのスイーツ。毎年この時期は、ホテルやレストランがいちごを取りいれたスペシャルアフタヌーンティーを発売。今年はとくに凝ったデザインのものが勢揃い! 思わず写真を撮りたくなる2つのアフタヌーンティーを紹介します。

アマン東京『ベリー ベリー イン ザ ジュエリー ボックス』

〈アマン東京〉オリジナルの黒竹3段トレーを使ったアフタヌーンティー4,600円(サ別)。ミックスベリ—スープ シャンパンエスプーマと2種のスコーン(クロテッドクリームと自家製ジャム2種付き)とともに。このほかに紅茶かコーヒーが付く。
「宝石箱」と名付けられた〈アマン東京〉のアフタヌーンティーは、その名の通り、ジュエリーボックスにぎゅぎゅっと詰められた宝石のようないちごとともに登場する。蓋を開けると、ふわりと漂う甘酸っぱいいちごの芳香。思わず歓声があがるひとときだ。
特製ジュエリーボックスに詰められた日本産いちご。2段目にはこのボックスからゲストが選んだタルトといちごが載せられる。
パリの〈ラデュレ〉や〈ベル エ コンセイユ〉、帰国後は都内のホテルで修行を積んだペストリーシェフ・宮川佳久が手がけるスイーツは、その独創性や美しさに定評がある。トレーは3段。上段には「宝石のディスプレイをイメージした」という飴細工の台に、プチシューやパート・ド・フリュイがジュエリーのように納まっている。中段には、ジュエリーボックスからゲストが自ら選んだいちごを飾り付けたタルトなどが並び、下段にはセイボリー(塩気のあるスナック)。フォワグラとカリフラワームースといちごのタルト、キャビアに見立てたいちごゼリーが載ったスモークサーモンや、ポークとチキンのパテにいちごが合わさったスライダーなど、いちごをまるでジューシーな野菜のように生かす創造的なセイボリーは、甘いものの途中に挟むとまた格別のおいしさだ。
1段目。ミックスベリーとパートドフリュイ、苺のプチシュー、苺のファゴッティーニ。
2段目。お好みのタルト1品(苺とピスタチオのタルト、苺とカスタードクリームのタルト、苺とキャラメルクリームのタルトの中からセレクト)、苺のグラタン、苺のマフィン、苺とルバーブのタルト。
3段目。苺とズッキーニのカッペリーニ、フォアグラとカリフラワームースのタルト、モッツアレラ バジル 苺のテリーヌ カプレーゼ風、蟹とサーモンのロール 苺キャビア、ポークとチキンのスライダー。
1段目。ミックスベリーとパートドフリュイ、苺のプチシュー、苺のファゴッティーニ。
2段目。お好みのタルト1品(苺とピスタチオのタルト、苺とカスタードクリームのタルト、苺とキャラメルクリームのタルトの中からセレクト)、苺のグラタン、苺のマフィン、苺とルバーブのタルト。
3段目。苺とズッキーニのカッペリーニ、フォアグラとカリフラワームースのタルト、モッツアレラ バジル 苺のテリーヌ カプレーゼ風、蟹とサーモンのロール 苺キャビア、ポークとチキンのスライダー。
「男性にも食べてもらえるようなアフタヌーンティーを作りたい」という宮川シェフ。シックなインテリアの中でひときわ映える、スタイリッシュなアフタヌーンティーは、男女関係なく楽しめそうだ。

アマン東京『ベリー ベリー イン ザ ジュエリー ボックス』

場所:東京都千代田区大手町1−5−6大手町タワー アマン東京33階「ザ・ラウンジ by アマン」
TEL:03 5224 3339(9時〜21時)。
期間:2月14日〜3月31日の間、11時30分〜17時最終入店。2時間半制。
料金:1名4,600円(サ別)。