うちで作ろう。料理家・シェフが本当に愛用する調理家電10。 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

うちで作ろう。料理家・シェフが本当に愛用する調理家電10。

家で過ごすことが多くなった今、料理に向き合う時間が増えています。そこで、第一線で活躍する料理家・シェフたちに、愛用する調理家電を教えてもらいました。プロも認めるアイテムとともに、新たなひと皿に挑戦してみませんか。

・パワフルなブレンド力で、シャーベットも楽々。

ダネッツ《プロフェッショナルブレンダーD103》69,300円(税込)。
タッチパネル式なので、ゴミが溜まらず衛生的。
カッターは5枚刃と2枚刃を組み合わせた構成で、焼き加工を施したステンレス製。耐久性にも優れている。
食材を押し込むためのタンパーは、温度計つき。ボトル内の温度を測りながら、ベストな調理が可能。
薫(Dress the Food) | ダネッツ《プロフェッショナルブレンダーD103》

雑誌やCM、広告など幅広い分野でフードスタイリングを手がけ、食材を用いた写真作品も高い人気を誇る薫(Dress the Food)。ユニークかつ鮮やかな料理ビジュアルを創造する彼女が愛してやまないのは、〈ダネッツ〉の《プロフェッショナルブレンダーD103》。性能が良く軽いブレンダーを探している中で出会ったというこの機種は、タッチパネルによる操作なので調理も簡単、ボトル内の食材を見ながら自由にスピードをアレンジすることができる。また、構造がシンプルなので手入れもしやすい。そして海外製ならではの1400Wという強力なブレンド力で、どんな素材も楽々と攪拌できるのが魅力だ。「凍らせた季節のフルーツをギリシャヨーグルトと一緒に攪拌して、自家製のジェラートを作っています。30秒〜1分くらいですぐできるので、オススメです! これからの季節はマンゴーが楽しみですね」。

公式サイト

薫(Dress The Food)

雑誌やテレビ、広告などで活躍するフード・ディレクター。モノクロの人物写真の上に食材を配置して撮影した写真作品『Food on Photograph』が高い評価を受け、国内外で個展を精力的に開催。 https://www.dressthefood.com/

AIがあなたにおすすめ

※過去の記事も表示されます