世界の飢餓問題と向き合う、バレンシアガの新ライン。 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

世界の飢餓問題と向き合う、バレンシアガの新ライン。

食糧欠乏国への援助などを行う「国連WFP」のサポートを目的とした新ラインを〈バレンシアガ〉が発表、フーディやTシャツなどの販売がスタートした。

《フーディ》86,000円。国連WFPのロゴが引き立ったデザインだ。
《フーディ》86,000円。
世界の食料欠乏国への支援などを行う「国連WFP」の活動をサポートするために〈バレンシアガ〉は、衣類やアクセサリーからなる新ラインを発表した。発売中のフーディやTシャツに加え、今後さらにソックスやハット、スカーフ、パンツ、レインコート、ブラウス、バッグと、ブランドの人気アイテムが新たなデザイン、カラーのもとで展開される。

これらのコレクションの収益のうち、20%がWFPへと寄付され、近年深刻化している世界的規模の飢餓の改善のために用いられる。グローバル企業の多くが国連サミットが定める「持続可能な開発目標(SDGs)」に取り組みつつあるいま、持続可能な社会の実現に寄与する具体的な取り組みであると同時に、その必要性を広く社会へと訴えかけるプロジェクトといえるだろう。

お問い合わせ:バレンシアガ クライアントサービス TEL 0120 992 136。

AIがあなたにおすすめ

※過去の記事も表示されます