〈マリメッコ〉から初のストリートウェアコレクションが誕生。 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

〈マリメッコ〉から初のストリートウェアコレクションが誕生。

8月17日、マリメッコのストリートライン《マリメッコ キオスキ》が、世界に先駆け〈ドーバーストリート マーケット ギンザ〉にて発売。世界最速で入手できるチャンスです!

〈マリメッコ〉のストリートライン…!? 〈マリメッコ キオスキ〉は、フィンランド発のライフスタイルデザインブランド〈マリメッコ〉のアイコニックな色やプリントを再解釈。「クリエイティビティ」をキーワードに、新コンセプトのストリートウェアファッションを作り上げた。
Hiekka Pieni Unikko Tシャツ 13,000円。
Lohkare Unikko スウェット 26,000円。
Hiekka Solid Tシャツ 13,000円。
Notko Logo トートバッグ 12,000円。
Halku Mini Unikko キャップ 12,000円。
Salla/Kohina ソックス 3,500円。
Kutrit シュシュ 2,500円。
Avainkukkaro がま口ポーチ付きキーチェーン 4,000円。
Hiekka Pieni Unikko Tシャツ 13,000円。
Lohkare Unikko スウェット 26,000円。
Hiekka Solid Tシャツ 13,000円。
Notko Logo トートバッグ 12,000円。
Halku Mini Unikko キャップ 12,000円。
Salla/Kohina ソックス 3,500円。
Kutrit シュシュ 2,500円。
Avainkukkaro がま口ポーチ付きキーチェーン 4,000円。
ファーストエディションでは、〈マリメッコ〉の代名詞ともいえる「ウニッコ」(ケシの花)柄をフィーチャーする。ウニッコ柄は、1960年代、デザイナーのマイヤ・イソラが自らの意思を貫くために抗議活動を行ったことをきっかけに生まれたプリントだ。誕生以来、「クリエイティビティ」「勇気」「自由」を表すプリントとして愛されてきたウニッコ柄が、誕生当初のスピリットはそのままに、次世代のユニフォームとして蘇る。

記念すべきファーストエディションには、そのウニッコ柄を中心に、〈マリメッコ〉のアイコニックな柄を取り入れたウェア、バッグ、小物を展開。シュシュ、キャップ、がま口ポーチ付きキーチェーンなど、これまでの〈マリメッコ〉のメインコレクションにはない、新たなアイテムも登場する。

なお、〈マリメッコ キオスキ〉は、8月17日、〈ドーバーストリート マーケット ギンザ〉4階に登場する期間限定ストアで先行販売される(海外では9月発売)。〈ドーバーストリート マーケット ギンザ〉でしか手に入らない、限定ラベル付きウニッコ柄トートバッグも登場。また、1階では、ウニッコ柄を用いた特設インスタレーションもお目見えする。

Marimekko Kiosuki Pop-up Store at DOVER STREET MARKET GINZA

〈ドーバーストリート マーケット ギンザ〉内期間限定ショップ
東京都中央区銀座6-9-5 ギンザコマツ西館4F TEL 03 6228 5080。8月17日~9月5日。11時〜20時。