福岡の〈ライトイヤーズ〉と〈1834〉|川合将人のインテリアスナップ | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

福岡の〈ライトイヤーズ〉と〈1834〉|川合将人のインテリアスナップ

インテリアスタイリストが街で見つけた素敵な空間を紹介する連載5回目は、福岡のショップ〈ライトイヤーズ〉と〈1834〉。手仕事から生み出された魅力的なアイテムを揃える2つのお店には、空間を彩るアイデアが満載です。

〈LIGHT YEARS〉

ホワイトを基調にした爽やかな内装に、複数吊られた後染めキルトの色が映える〈ライトイヤーズ〉の店内。アフリカのスツールにオブジェ、さらに什器として使うヨーロッパのアンティーク家具など、経年によって味わいの出たウッドの表情が店内に温かみをプラスしている。
ショップ奥には、モロッコのベニワレンやベニムギルドなどのラグのストックが数多く積み上げられた部屋がある。シンプルな内装だからこそ、家に飾った時のイメージがしやすく、ゆっくりとお気に入りの一枚を選ぶことができる。
ホワイトを基調にした爽やかな内装に、複数吊られた後染めキルトの色が映える〈ライトイヤーズ〉の店内。アフリカのスツールにオブジェ、さらに什器として使うヨーロッパのアンティーク家具など、経年によって味わいの出たウッドの表情が店内に温かみをプラスしている。
ショップ奥には、モロッコのベニワレンやベニムギルドなどのラグのストックが数多く積み上げられた部屋がある。シンプルな内装だからこそ、家に飾った時のイメージがしやすく、ゆっくりとお気に入りの一枚を選ぶことができる。
前回ご紹介した福岡の〈モアライト〉は、日本中の布好きが集まる噂のショップ〈ライトイヤーズ〉による新店。この機会に、ライトイヤーズと、世界のカゴを扱う〈1834〉も見せてもらったところ、ものも内装も、気になる点がたくさんありました。

まずはテキスタイルをメインに取り揃える〈ライトイヤーズ〉から。
高い天井高と梁の構造を生かして、垂れもののグリーンをさり気なく取り入れたスペース。少ない分量でもグリーンが鮮やかに見え、店内をより明るく見せている。
アンティークの棚上に飾られた、大きなドライのヘアピンバンクシア。折れた枝を捨てずに空間の見せ場として利用し、シンプルなカラーでまとめられた内装に豊かな表情を生み出している。
高い天井高と梁の構造を生かして、垂れもののグリーンをさり気なく取り入れたスペース。少ない分量でもグリーンが鮮やかに見え、店内をより明るく見せている。
アンティークの棚上に飾られた、大きなドライのヘアピンバンクシア。折れた枝を捨てずに空間の見せ場として利用し、シンプルなカラーでまとめられた内装に豊かな表情を生み出している。
天井と壁を爽やかなホワイトで仕上げた明るい店内。年季の入った状態のよいヨーロッパのアンティーク家具が什器として点在し、モロッコのガラスやラグ、インドのキルト製品、アフリカの家具やオブジェなどが綺麗に陳列されています。

目を奪われたのは、ショップカウンター横の棚上に置かれた、大きなヘアピンバンクシアの植物です。聞けば元々はショップ前の通りに植えていたもので、以前、雪が積もった時の重みで折れてしまった部分を飾っているそうです。天井や梁の構造が剥き出しになった店内で、植物のオーガニックな形状が空間を楽しげに、ポップに演出していました。棚上の演出方法として、とても参考になりました。

また什器として使っているヨーロッパのアンティーク家具のセレクトがよく、メリハリを持って効果的に配置されている。販売するアイテムの陳列のボリュームや、空間の中でのそれぞれの“間”の取り方なども参考になりました。空間がラグやキルトなどのテキスタイルをより魅力的に見せているのだろうと思います。
細い木をワイヤーで組み上げた素朴な表情のチェアとサイドテーブルは、アフリカのブルキナファソで作られたもの。現在も製造されている。冬場はシートに毛皮を被せたりしても良さそう。キルトやブランケットなど、さまざまなテキスタイルとのアレンジを楽しむことができそうだ。
壁の造作棚に並べられたオブジェやテキスタイル。上段の中央2つはインドのアンティークで、魚やお花の絵が描かれた一点物。ドライフラワーなどを飾るのによさそう。下段はインドのナガ族のもの。派手すぎないパターンは、モダンな空間にも合わせやすい。
細い木をワイヤーで組み上げた素朴な表情のチェアとサイドテーブルは、アフリカのブルキナファソで作られたもの。現在も製造されている。冬場はシートに毛皮を被せたりしても良さそう。キルトやブランケットなど、さまざまなテキスタイルとのアレンジを楽しむことができそうだ。
壁の造作棚に並べられたオブジェやテキスタイル。上段の中央2つはインドのアンティークで、魚やお花の絵が描かれた一点物。ドライフラワーなどを飾るのによさそう。下段はインドのナガ族のもの。派手すぎないパターンは、モダンな空間にも合わせやすい。
ベニワレンのラグやヴィンテージキルトのほか、インドやアフリカから買付けられた家具や、1点物のオブジェなどにも出会うことができます。取材時に気になったのは、ブルキナファソの木製チェアとテーブルと、魚やお花の描かれたインドの古い壺のような器。どちらも単体として魅力的なのはもちろん、ドライフラワーやテキスタイルなど、気分や季節に合わせたアレンジの楽しみがいがあるアイテムとして、印象に残りました。

〈LIGHT YEARS〉

福岡市博多区博多駅前3-30-5 TEL 092 473 1927。11時〜19時。不定休。