〈ジェルバゾーニ〉の新たなソファ《モア》って? | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

〈ジェルバゾーニ〉の新たなソファ《モア》って?

最高にリラックスした時間を過ごすために作られたモジュールタイプのソファ《モア》が、現在、東京・南青山のショールームで展示中だ。

1882年創立のイタリアの老舗インテリアブランド〈ジェルバゾーニ〉。常に新しい素材に積極的にチャレンジし、異素材を組み合わせたデザインを得意とする。同ブランドの2018年新作コレクションは、アートディレクターのパオラ・ナヴォーネの進化し続けるクリエイティビティと、新しい分野の製品に取り組んでいく〈ジェルバゾーニ〉の姿勢を物語るものとなっている。
特に注目したいのは、2018年ミラノサローネで発表され、この度日本上陸を果たしたモジュールタイプのソファ《MORE(モア) 》。アーム付き、コーナータイプ、オットマン、シェーズロングなど、さまざまなバリエーションが揃い、無限の組み合わせが楽しめる。
リッラクスしたり、会話を楽しんだり、読書をしたりといった、リアルなエリアを作るために生み出されたモジュールたちは、なんともゴージャス! バッククッションや、単体のクッションを加えることで、より快適な時間を創出する。現在、東京・南青山のショールームで展示中だ。

「MORE(モア)」展示

〈GERVASONI TOKYO〉
東京都港区南青山6-8-8 TEL 03 6418 5764。~11月20日(火)。11時〜19時30分。水曜休。