ミラノサローネ2018報告 #1 / デザイナー by 土田貴宏 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

ミラノサローネ2018報告 #1 / デザイナー by 土田貴宏

『カーサ ブルータス』2018年7月号より

年に一度、4月のミラノはお祭り騒ぎ! 世界の家具メーカーが一斉に新作を発表します。今年、4人のジャーナリストがそこで見つけたものは…? まずはデザインジャーナリストの土田貴宏から。

ジャコモ・モールのGIUSTINI / STAGETTI《Centina》。多くのデザイナーの作品を手がける美術工房、フォンデリア・アルティスティカ・バッタリアでの展示。無垢材をアーチ状に加工する独自の技術を使い、歴史と結びついた造形を現代の家具として提示した。photo_Omar Golli
毎年4月のミラノサローネ国際家具見本市、そして同時期のミラノ・デザインウィークといえば、インテリア界にとって1年で最大のイベント。今年は例年以上に街中に人があふれ、行列のできる展示が目立っていた。

その開催に先駆けて、ミラノサローネ代表のクラウディオ・ルーティは初のマニフェストを発表。サローネとミラノ市がより連携を強化すると謳った。また一説にはブレグジットの影響で、ロンドンからミラノへデザイン関係者が移動しているとか。この街は、国際的なデザイン首都として不動の存在になりつつあるようだ。

そんな状況を背景に、クルマやファッションに加えてテック系もデザインウィークに参入し、カオス状態はヒートアップ。一方、家具や照明のブランドは世界観の発信に力を入れ、空間のプロとしての矜持を見せる。新進デザイナーの台頭も勢いが増すばかりだ。

デザインに興味があるなら、こんなに楽しい場所はないと実感させてくれたミラノの1週間。来年の4月が今から待ち遠しい。

Giacomo Moor

SEM《Pivot》 ピボット(回転軸)から発想した収納家具は、フレームと扉のジョイントに意外性が。すぐれた職人技をミニマルな姿に結晶させている。金属部分はフォンデリア・アルティスティカ・バッタリアが制作。©Omar Sartor
ジャコモ・モール 1981年ミラノ生まれ。ミラノ工科大学でデザインを学ぶとともに、木工工房で職人技を習得。〈メンフィス・ミラノ〉なので作品を発表。写真はフォンデリア・アルティスティカ・バッタリアでの展示にて。©Mattia Balsamini
SEM《Pivot》 ピボット(回転軸)から発想した収納家具は、フレームと扉のジョイントに意外性が。すぐれた職人技をミニマルな姿に結晶させている。金属部分はフォンデリア・アルティスティカ・バッタリアが制作。©Omar Sartor
ジャコモ・モール 1981年ミラノ生まれ。ミラノ工科大学でデザインを学ぶとともに、木工工房で職人技を習得。〈メンフィス・ミラノ〉なので作品を発表。写真はフォンデリア・アルティスティカ・バッタリアでの展示にて。©Mattia Balsamini
フォーカスしたいのは、自分の道を極めるデザイナーだ。近年、活気づいているイタリアの新進デザイナーたち。アメリカや中国も勢いがあり、国際色がより豊かに。時代も世代も超えて自己流を貫く才能が目立ってきた。

行列や入場制限が当たり前だった今年、ステファン・ディーツが新作を発表した〈ヘイ〉や、マイケル・アナスタシアデスを初起用した〈カッシーナ〉は大混雑。しかしひっそりと行われる展示で目覚ましい才能に出会えるのも、ミラノの奥深さだ。マイベストはイタリアの新鋭、ジャコモ・モール。街はずれの美術工房の一角に、伝統的なアーチ橋の構造を参照した木工家具が並ぶ光景は忘れがたい。

一躍、脚光を浴びる存在になったエリザ・オッシノも、裏通りのギャラリーで観た〈SEM〉の展示が秀逸。プロダクトから空間まで的確かつ完璧にフィニッシュする、まさにセンスの塊だ。

アメリカ勢でタッグを組んだリンゼイ・アデルマンや、中国がモチーフの空間構成が冴えたネリ&フーも底力を発揮。コンテンポラリーデザインに国境はない。あとは1つでも多くのアイテムが、いずれ日本上陸を果たしますように。

Elisa Ossino

オッシノの他にジャコモ・モールとマルカンテ=テスタを起用した新ブランド〈SEM〉は、オッシノが会場構成も担当。アクセサリーのような色合いの波打つボードを設えて空間を詩的に彩った。 ©Omar Sartor
SEM《Check 》 〈SEM〉からの新作《チェック》は、木の表面にグリッドを施して彩色。モノトーンやナチュラルな色合いを得意とする彼女だが、色や柄の感覚も見事だ。 ©Omar Sartor
エリザ・オッシノ デザイナーのピエロ・リッソーニとの協働を経てスターダムに。〈デパドヴァ〉〈サルヴァトーリ〉〈サンワカンパニー〉でも新作を発表。
オッシノの他にジャコモ・モールとマルカンテ=テスタを起用した新ブランド〈SEM〉は、オッシノが会場構成も担当。アクセサリーのような色合いの波打つボードを設えて空間を詩的に彩った。 ©Omar Sartor
SEM《Check 》 〈SEM〉からの新作《チェック》は、木の表面にグリッドを施して彩色。モノトーンやナチュラルな色合いを得意とする彼女だが、色や柄の感覚も見事だ。 ©Omar Sartor
エリザ・オッシノ デザイナーのピエロ・リッソーニとの協働を経てスターダムに。〈デパドヴァ〉〈サルヴァトーリ〉〈サンワカンパニー〉でも新作を発表。

Lindsey Adelman

Lindsey Adelman Studio《Drop System》ニューヨークの地下鉄の裸電球や、モンドリアンの絵画などからインスパイアされた新作照明。〈キャリコウォールペーパー〉の壁紙を背景にしたインスタレーションは、自然の化学反応をモチーフにしている。
リンゼイ・アデルマン(右) ニューヨーク在住の照明デザイナー。2006年設立の自身のスタジオをベースに、〈ニルファ―〉などのギャラリーでも作品を発表。
Lindsey Adelman Studio《Drop System》ニューヨークの地下鉄の裸電球や、モンドリアンの絵画などからインスパイアされた新作照明。〈キャリコウォールペーパー〉の壁紙を背景にしたインスタレーションは、自然の化学反応をモチーフにしている。
リンゼイ・アデルマン(右) ニューヨーク在住の照明デザイナー。2006年設立の自身のスタジオをベースに、〈ニルファ―〉などのギャラリーでも作品を発表。

Stefan Diez

HAY《New Order 2.0》今年の〈HAY〉は歴史あるクレリチ宮殿を会場に、《ニューオーダー2.0》などの新作をプレゼンテーション。
HAY《New Order 2.0》天井の高い空間に、建築のように組み上げた《ニューオーダー2.0》。その中にも新作の数々が。
ステファン・ディーツ 1971年ドイツ生まれ。コンスタンティン・グルチッチの事務所などを経て2003年に独立。インダストリアルな作風に特徴がある。
HAY《New Order 2.0》今年の〈HAY〉は歴史あるクレリチ宮殿を会場に、《ニューオーダー2.0》などの新作をプレゼンテーション。
HAY《New Order 2.0》天井の高い空間に、建築のように組み上げた《ニューオーダー2.0》。その中にも新作の数々が。
ステファン・ディーツ 1971年ドイツ生まれ。コンスタンティン・グルチッチの事務所などを経て2003年に独立。インダストリアルな作風に特徴がある。
収納家具の《ニューオーダー》に様々なオプションをプラスしてオフィスシステムへと進化。組み立てが簡単で、変化するオフィスに対応する。その開発にはコワーキングスペースの〈WeWork〉も協力した。

Neri&Hu

ネリ&フーやスペース・コペンハーゲンが新作を発表。
ネリ&フー 共にアメリカで学び、建築家マイケル・グレイヴスのもとで働いた後、2004年に上海でデザイン事務所を共同設立。ヨーロッパでも大活躍中。〈ステラワークス〉のクリエイティブ ディレクターを務める。photo_Taran Wilkhu
ネリ&フーやスペース・コペンハーゲンが新作を発表。
ネリ&フー 共にアメリカで学び、建築家マイケル・グレイヴスのもとで働いた後、2004年に上海でデザイン事務所を共同設立。ヨーロッパでも大活躍中。〈ステラワークス〉のクリエイティブ ディレクターを務める。photo_Taran Wilkhu
屋内に路地のような空間をつくって製品をスタイリングしたインスタレーション。壁面の写真や色使いによって演出したスタイリッシュな中国趣味が、ミラノ・デザインウィークの中でひときわ新鮮だった。