フィンランドデザインが六本木に大集結。 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

フィンランドデザインが六本木に大集結。

フィンランドの独立100周年を記念したスペシャルポップアップイベント「FIN/100(ふぃんひゃく)」が、東京・六本木の21_21 DESIGN SIGHTで始まった。

アルテックのフィンランド100周年を記念したプロダクトから、アルヴァ・アアルトの《スツール 60 フィンランド100 モデル》31500円、《95 テーブル フィンランド100 モデル》161,000円。
1946年、イルマリ・タピオヴァーラが学生寮ドムス アカデミカのプロジェクトのためにデザインしたドムスチェア。フィンランドらしいブルーのトナカイ革を張ったアルテック《ドムス チェア フィンランド100 モデル》149,000円。
イッタラは、アルヴァ・アアルトやオイヴァ・トイッカらの名作をフィンランドらしいスオミカラー(ブルー)で揃える。
アルヴァ・アアルトやカイ・フランクに代表されるように、フィンランド生まれのデザインには、凛とした美しさの背後に、慎ましやかで丁寧な暮らしの態度が常に潜んでいる。

フィンランドが1917年12月6日に旧ロシア帝国から独立して、今年でちょうど100年。アニバーサリーイヤーを迎えるにあたり、東京・六本木の21_21 DESIGN SIGHTギャラリー3にて、フィンランドを代表するプロダクトを集めたポップアップイベント「FIN/100(ふぃんひゃく)」がスタートした。

会場には、イッタラ、アラビア、アルテック、ヨハンナ・グリクセンなど、同国の人気ブランドが一堂に集結。フィンランド生まれのクリエーションの多様性を体感できる空間になっている。本展示のためにデザイナーやアーティストがデザインした限定プロダクトも販売する。
《FIN/100 BLOCKS》6,500円。フィンランドのグラフィックデザイナー、Hanna Konola(ハンナ・コノラ)が手がけるブロックを100個限定で発売。ひらがなの文字を上手に並び変えれば「ふぃん/100」の文字が現れる。
《SEKAMETSӒHUVI
(FINNISH FOREST SCARF)》2,500円。フィンランドのアーティスト、Company描きおろしのスカーフが300枚限定で登場。
《HAPPY FIN/100 POSTER》5,000円。フランスのデザインデュオ、ロナン & エルワン・ブルレックによるハンドドローイングのスケッチから厳選したポスター。直筆サイン入りシールつき。全5種、各20枚の限定です。
また、「100のできごと」と題し、ファッションや音楽、教育、アート、文学など、デザインの枠組みを超えたトークイベントやワークショップも多数開催。フィンランドの豊かな文化と暮らしを多角的に探ることができる。

『FIN/100』

〈21_21 DESIGN SIGHT ギャラリー3〉

東京都港区赤坂9-7-6
東京ミッドタウン・ガーデン内。〜12月25日。10時〜19時。会期中無休。

AIがあなたにおすすめ

※過去の記事も表示されます