光をテーマに、吉岡徳仁のガラスの展覧会が開催中。 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

光をテーマに、吉岡徳仁のガラスの展覧会が開催中。

ガラスを素材に用いながら、新しい光の表現を模索する吉岡徳仁。その多彩なプロジェクトを一挙紹介する。

非物質的な素材や構造から、新しい感覚を生み出していく吉岡徳仁。建築、プロダクト、インスタレーションなど、さまざまな領域を行き来するなかで、吉岡はガラスを用いた創作を多数手がけている。

〈21_21 DESIGN SIGHT〉で開催される『吉岡徳仁 光とガラス』展では、パリのオルセー美術館に常設展示されている代表作《Water Block ─ ガラスのベンチ》をはじめ、ベネチア・ビエンナーレで発表したのちに、京都の天台宗青蓮院門跡境内将軍塚青龍殿に設置された《ガラスの茶室 ─ 光庵》、2013〜2014年にかけて発表した《Rainbow Church ─ 虹の教会》の映像など、これまでのプロジェクトをずらり紹介。さらにセイコーウォッチの《Glass Watch》やドン・ペリニョンアートプロジェクトから生まれた《Prism》など、最新作も一緒に展示される。
《Water Block》2002年 パリ・オルセー美術館
《虹の教会 ─ Rainbow Church》2010-2013年
《ガラスの茶室 ─ 光庵》2011年
ドン・ペリニヨン アートプロジェクトより《Prism》2017年
《Glass Watch》2017年
《虹の教会 ─ Rainbow Church》2010-2013年
《ガラスの茶室 ─ 光庵》2011年
ドン・ペリニヨン アートプロジェクトより《Prism》2017年
《Glass Watch》2017年

『吉岡徳仁 光とガラス』

〈21_21 DESIGN SIGHT Gallery 3〉

東京都港区赤坂9-7-6
東京ミッドタウン ミッドタウン・ガーデン TEL 03 3475 2121。11月2日〜13日。10時〜19時。無休。入場無料。