マリオ・ベリーニの​​デザイン哲学を“動くアート”で体験。 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

マリオ・ベリーニの​​デザイン哲学を“動くアート”で体験。

マリオ・ベリーニのデザインの魅力をアニメーションディレクター・大川原亮が描き下ろし。動くアートワークが楽しめるインスタレーションが〈B&B Italia Tokyo〉で開催中。

アニメーションディレクター・大川原亮の独自のタッチで描くイラストに、アニメーションを加えた動くアートが楽しめるインスタレーション。
今回のインスタレーションを手がけた大川原。短編作品『アニマルダンス』やNHKみんなのうた『小さきものたち』、斉藤和義のMVなどを手がけるアニメーションアーティストだ。
1972年に発表され、コンパッソ・ドーロ賞を受賞したマリオ・ベリーニの代表作《レ・バンボレ》。展示は2007年に発売された《レ・バンボレ’07》。
1970年に発表されたソファ《カマレオンダ》が新たに復刻。ボリュームのあるソファセットが1Fショールームの空間全体に並ぶ様は圧巻だ。
マリオ・ベリーニのデザインをフィーチャーした新感覚の展示が〈B&B Italia Tokyo〉で開催されている。「デザインは“思考と感覚”の探求」と考えるベリーニのデザイン哲学をアニメーションディレクター・大川原亮が描くイラスト+アニメーションの融合アートで表現。新しく復刻されたソファ《カマレオンダ》から懐かしの《象印電気ポット》に至るまで、ベリーニのデザインコンセプトや思考過程が大川原独自の目線で描かれている。
大川原亮のイラストがアニメーションと融合。40秒で一巡する。
今回のインスタレーションは「動画を組み合わせることで時間軸を伴ってベリーニのデザインの根源を体験できる」ことが狙いだ。作品の一つひとつにそれぞれプロダクトコンセプトであったり、デザインソースであったりのインフォメーションが込められていて、動画を見ることでベリーニのデザインについて学べる仕組みになっている。
大川原お気に入りのオリベッティ社の計算機とベリーニ。シンプルな線だけでベリーニの特徴がしっかり表現されているのはさすがだ。
イタリアで出版されているベリーニの子ども向けのデザイン本に描かれているイラストを大川原がオマージュしたもの。「ものを擬人化して考える」というベリーニのデザインプロセスを表現している。
動画は40秒で1巡。ネコが乗っているのは〈B&B Italia〉の前身ブランド〈C&B〉から1966年に発表された積み重ねのできるテーブル《クアトロ ガッティ》。
今回、大川原が描いたイラストのモティーフはベリーニの作品の中でも象徴的なものをセレクトしたという。このイラストは1972年、《レ・バンボレ》と同じ年に〈C&B〉が〈カッシーナ〉と共同でスポンサードしたという〈ニューヨーク近代美術館〉の『Italy: the new domestic landscape』展から。当時、ミニバンやファミリーカーのない時代にも関わらず車の中で眠ったり食べたりして過ごそう、というコンセプトが斬新だった。
1966年発表の《アマンタ》ソファのデザインコンセプトを描いたもの。シェルにクッションを置いていくというアイデアをまるで音楽が流れるように思いついたというエピソードから。
《ボルト テーブル》の真ん中がボルトで止められている様を表現。照らしているのはベリーニが1969年にデザインした〈フロス〉の照明《キアラ フロア》。この照明も今秋日本で発売開始となった。
今回の仕事で初めてベリーニを知ったという80年代生まれの大川原。インスタレーション制作にあたってはベリーニの作品集を熟読し彼のデザインについて学んだという。「ベリーニの整理されたデザインが好き」という氏のお気に入りは《レ・バンボレ》ソファと《ヴォロ ヴァン》チェアだとか。だとか。いずれもシンプルなフォルムが美しいプロダクトだ。ベリーニの全盛期とも言える1970〜80年代以降に生まれた若い世代にとって、ベリーニは逆にいま新しい、未来を感じるデザインなのかもしれない。
会員プログラム

登録者数12,000人突破!

建築家のアトリエ見学/名作家具プレゼント/限定メールマガジン…すべて無料。

建築家のアトリエ見学に、名作家具プレゼントも。

いますぐ登録!