建築家エリエル・サーリネンが描いたフィンランドモダニズムの原型とは? | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

建築家エリエル・サーリネンが描いたフィンランドモダニズムの原型とは?

フィンランドデザインはどのように生まれたのか? そのルーツとも呼べる、建築家エリエル・サーリネンの初期の作品群を紹介する展覧会が、7月3日から〈パナソニック汐留美術館〉で始まります。

《ポホヨラ保険会社ビルディングの中央らせん階段》Photo ©Museum of Finnish Architecture/ Karina Kurz, 2008
いまや日本はもとより、世界で高い知名度を誇るフィンランドのデザインだが、その礎を築いた人物が、エリエル・サーリネン(1873~1950年)だ。フィンランドがまだロシアの支配下にあった1900年、わずか27歳でパリ万国博覧会のフィンランド館の設計を共同で担当。これを機に独立を目指し、フィンランド国内で台頭していた民族主義の影響を色濃く受けたナショナル・ロマンティシズムの作品を次々に作り上げていく。
《1900年パリ万国博覧会フィンランド館 》 ラハティ市立博物館所蔵
民族叙事詩『カレワラ』から発想し、森の動物たちを装飾にあしらった《ポホヨラ保険会社ビルディング》(1901年竣工)や、ヘルシンキ郊外の湖畔に建てた共同設計事務所兼住居《ヴィトレスク》(1902年)など、初期のサーリネンのデザインは、自然との呼応、暮らしとデザインとの融合を目指したものが際立っており、現代のフィンランドデザインの思想にも深く関係している様子が伺える。
ゲセリウス・リンドグレン・サーリネン建築設計事務所《ヴィトレスク、リンドグレン邸の北立面(左)、スタジオの断面が見えるリンドグレン邸の南妻面(右)》 (1902年)フィンランド建築博物館所蔵
ヴィトレスクのサーリネン邸のダイニングルーム。 Photo: Ilari Järvinen/Finnish Heritage Agency, 2012
7月20日からパナソニック汐留美術館で開催する〈サーリネンとフィンランドの美しい建築展〉では、1923年にサーリネンがアメリカに移住する前の、初期の建築&デザインにフォーカス。パリ万国博覧会フィンランド館のCGと100分の1模型のほか、ドローイングや写真、家具デザインなどを多角的に紹介する。
会員プログラム

登録者数12,000人突破!

建築家のアトリエ見学/名作家具プレゼント/限定メールマガジン…すべて無料。

建築家のアトリエ見学に、名作家具プレゼントも。

いますぐ登録!