今、ディーター・ラムス展に学びたいこと。|土田貴宏の東京デザインジャーナル | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

今、ディーター・ラムス展に学びたいこと。|土田貴宏の東京デザインジャーナル

〈伊勢丹新宿店〉で『LESS BUT BETTER ディーター・ラムス:ブラウンとヴィツゥの世界』展が開催中。20世紀を代表するデザイナーによる「グッドデザインの10箇条」と、その背景にあるスタンスとは。

『LESS BUT BETTER ディーター・ラムス:ブラウンとヴィツゥの世界』は、〈伊勢丹新宿店〉2Fの「イセタン ザ・スペース」で2021年1月11日まで開催。貴重なヴィンテージ品を含む2つのブランドの名作を揃えている。
20世紀後半、特に1950~60年代は、世界中のデザイン関係者が憧れ、常に動向を気にするようなプロダクトブランドがいくつも現れた。アメリカのハーマンミラー、フィンランドのマリメッコ、イタリアのダネーゼなどと並んで、ドイツの家電ブランド〈ブラウン〉もまたその代表格だった。当時の〈ブラウン〉で中心的な役割を担った著名なデザイナー、ディーター・ラムスのエキシビションが〈伊勢丹新宿店〉で開催されている。ラムスは1932年ドイツ生まれ。55年に〈ブラウン〉に入社して、90年代までプロダクトデザイン部門のディレクターを務め数多くの名作を手がけた。
1957年発表の《SK 5》と、その3年後に発表された《SK 61》。ウルム造形大学の教授だったハンス・グジェロとの共作でラムス初期の傑作である《SK 4》の後継機にあたる。
左の《TP 1》は上部がラジオ、下部がレコードプレーヤーで、レザーのハンドルがついており持ち運びが可能。右はポータブルラジオ《T 22》。
当時のブラウンは、過去に引きずられることなく、革新的な製品を思い切って世の中に提示していく。〈ブラウン〉に入社したラムスが初めて手がけたオーディオシステム《SK 4》(1956年発表)や、翌年発表の後継機《SK 5》は、まさにその革新性によって大きな注目を集めた。オフホワイトとウッドを合わせた筐体に透明アクリルのカバーを載せた優美な姿。それは「白雪姫の棺」のニックネームの通り、当時主流だったオーディオの重厚さともメカっぽさとも無縁のものだった。また1959年発表の《TP 1》はラジオとレコードプレーヤーを一体化した前代未聞の小型ポータブルオーディオで、〈ソニー〉のウォークマンのコンセプトを先取っていたとも評される。
会員プログラム

登録者数12,000人突破!

建築家のアトリエ見学/名作家具プレゼント/限定メールマガジン…すべて無料。

建築家のアトリエ見学に、名作家具プレゼントも。

いますぐ登録!