ロエベ クラフト プライズ2019がイサム ノグチの「天国」で開催中! | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

ロエベ クラフト プライズ2019がイサム ノグチの「天国」で開催中!

現代を生きるクラフトマンの新しい価値と創造性を讃える「ロエベ ファンデーション クラフト プライズ」。3回目となる今年の優勝者が京都の若手作家、石塚源太に決定! 石塚の“大胆で新鮮でチャーミングな漆”をはじめ、29のファイナリスト作品が赤坂〈草月会館〉で一般公開中です。

会場は赤坂の〈草月会館〉にあるイサム ノグチの石庭「天国」。自然光が入る気持ちいい空間で、100カ国2500以上の応募作から選ばれた29のファイナリスト作品をじっくり楽しめる(ガラスケース無し! ほとんどの作品は360°鑑賞可能)。
「クラフトとは人間だれもが持っている欲求であり才能であり、つまり “自己表現” だと思う。今年は特に、次世代の新しいクラフトが次々と生まれていることを目の当たりにし、とても興奮した」

ロエベのクリエイティブディレクター、ジョナサン・アンダーソンによる意気込みたっぷりな言葉で始まった「ロエベ ファンデーション クラフト プライズ 2019」。6月25日、世界各国2500以上の応募作品から大賞3作品が選ばれた。グランプリは京都の漆作家、石塚源太(37)。特別賞はイギリスのハリー・モーガン(29)と、イギリス在住の園芸家でもある高樋一人(47)。日本人がグランプリに選ばれたのは今回が初めてで、ファイナリストも約3分の1にあたる10名が日本人……と日本のクラフトが大きな注目を集めた。
グランプリを受賞した石塚源太の作品。「スーパーのネットに入れたオレンジがモチーフ」と石塚が話すユニークな形を、乾漆造という仏像制作にも使われる伝統手法で造りあげている。透けるような漆の美しさを、ぜひ肉眼で見てほしい!
京都にアトリエを持つ石塚源太。「伝統的な素材がもつ “新しい表現の可能性” をどうやって引き出すか。それを探るのが面白いんです」
グランプリを受賞した石塚源太の作品。「スーパーのネットに入れたオレンジがモチーフ」と石塚が話すユニークな形を、乾漆造という仏像制作にも使われる伝統手法で造りあげている。透けるような漆の美しさを、ぜひ肉眼で見てほしい!
京都にアトリエを持つ石塚源太。「伝統的な素材がもつ “新しい表現の可能性” をどうやって引き出すか。それを探るのが面白いんです」
特別賞は2名。イギリスで園芸家としても活躍する高樋一人は、サンザシの細い枝を曲げ、細かく組み合わせて構築した立体で受賞。審査員のパトリシア・ウルキオラは「素材を育てるところから始めた美しいクリエイション!」と絶賛。
イギリスのハリー・モーガンの作品。手作業で引き延ばしたガラスフィラメントとコンクリートを使っている。審査員の深澤直人いわく「素材の使い方がこれまでの伝統的な工芸とは明らかに違いますよね。デザインとしても素晴らしい」。
特別賞は2名。イギリスで園芸家としても活躍する高樋一人は、サンザシの細い枝を曲げ、細かく組み合わせて構築した立体で受賞。審査員のパトリシア・ウルキオラは「素材を育てるところから始めた美しいクリエイション!」と絶賛。
イギリスのハリー・モーガンの作品。手作業で引き延ばしたガラスフィラメントとコンクリートを使っている。審査員の深澤直人いわく「素材の使い方がこれまでの伝統的な工芸とは明らかに違いますよね。デザインとしても素晴らしい」。
「えっ? これも工芸?」というような新鮮かつワクワクする作品が多い今回。漆や土、ガラス、陶器、ファブリックなど、素材としっかり向き合いながらも自らの手を使って新しい表現に昇華させた “コンテンポラリーなクラフト” が高く評価されたようだ。そんなクラフトの新しい流れを体感できるのは7月22日まで。会期中の毎週土曜日にはデザインの目利きたちによるトークセッションも予定。ぜひ会場に足を運んでみて!
ファイナリストの作品より。銅板を丹念に叩いて表情をつけ成形した、井尾鉱一の作品。漆のような美しい艶と愛嬌のあるフォルムが印象的。
竹で編んだカゴと思いきや、実は錆び仕上げを施した陶器! 衝撃的な作品はイギリスの陶芸家アニー・ターナー。
目にした誰もが「すごい!」「こんなの見たことない!」と驚愕していたのが、18カラットの金を使ったイタリアの金細工職人ジョヴァンニ・コルヴァヤの作品。
韓国の喪服をヒントに極細のモノフィラメント(単繊維)を編んで創り上げたデリケートな作品は、韓国の若手アーティスト、ミンヒ・キム。
イサム ノグチの空間に美しくなじんでいたのが、韓国の紙職人ヨンソン・リーの、カゴを積み上げた塔のような作品。韓紙を使って編み上げたもの。
ファイナリストの作品より。銅板を丹念に叩いて表情をつけ成形した、井尾鉱一の作品。漆のような美しい艶と愛嬌のあるフォルムが印象的。
竹で編んだカゴと思いきや、実は錆び仕上げを施した陶器! 衝撃的な作品はイギリスの陶芸家アニー・ターナー。
目にした誰もが「すごい!」「こんなの見たことない!」と驚愕していたのが、18カラットの金を使ったイタリアの金細工職人ジョヴァンニ・コルヴァヤの作品。
韓国の喪服をヒントに極細のモノフィラメント(単繊維)を編んで創り上げたデリケートな作品は、韓国の若手アーティスト、ミンヒ・キム。
イサム ノグチの空間に美しくなじんでいたのが、韓国の紙職人ヨンソン・リーの、カゴを積み上げた塔のような作品。韓紙を使って編み上げたもの。
関連記事
第3回「ロエベ クラフト プライズ」の作品展が〈草月会館〉で開催!
ロエベ クラフト プライズ、今年の受賞作が決定!
「ロエベ クラフト プライズ」でジョナサン・アンダーソンを直撃。

「ロエベ ファンデーション クラフト プライズ」

〈草月会館「天国」〉
東京都港区赤坂7-2-21。~7月22日。10時〜19時(金曜~20時)会期中無休。入場無料。
毎週土曜14時~15時30分、草月会館2階談話室にて、ジャーナリストの川上典李子とゲストによるトークセッションが開催される。
ゲストは6月29日建築家・工業デザイナーパトリシア・ウルキオラと2018年に「ロエベ クラフト プライズ」の特別賞を受賞した陶芸家・アーティスト桑田卓郎、7月6日ミナ ペルホネン代表・デザイナー皆川明、7月13日『AXIS』編集長・上條昌宏と本誌編集長・西尾洋一、7月20日「ロエベ ファンデーション クラフト プライズ2019」大賞受賞者 石塚源太。全て先着順。