猫ともっと仲良くなれる本・わんぱく編【吾輩堂セレクト】 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

猫ともっと仲良くなれる本・わんぱく編【吾輩堂セレクト】

『カーサ ブルータス』2019年10月号より

あなたの身近にいる猫はどんな性格? 福岡の猫専門書店〈吾輩堂〉が、猫の性格別に猫本をセレクト。愛猫をより深く理解するためのブックガイドです。

【わんぱく】時には飼い主の手もガブリ! 動物の本能を忘れていない猫。

『猫 ― TOKYO WILD CATS』武田花(中央公論社) 飼い猫のワイルドさに手を焼いていたとしても、野良猫と比べれば可愛らしいもの。彼らの気高さと自由な生き様をモノクロームの写真に収めた、愛猫写真家・武田花の代表作。「撮影の風景が目に浮かぶ、作家本人のエッセイも収録」。
『猫のムトンさま』アンドレ・ピエール・ド・マンディアルグ(ペヨトル工房) 猫のサディストぶりになぜか萌える、仏人作家マンディアルグの処女小説。「ムトンというアンゴラ種のゴージャスな猫に尽くす老嬢。人間の献身をよそに、本能のまま振る舞うムトンですが、ふたりの間には確かに愛が存在します」。
『野良猫の拾い方』東京キャットガーディアン 監修(大泉書店)1,400円。 野良猫を保護した後の手順を学べるハウツー本。東京都で最も大きい保護猫団体が監修し、子猫の温め方から、触ることすら許さない猫のお世話術まで解説。「猫を飼っている人もなるほど! と思うアドバイスが多数」。
『ザ・ウイスキー・キャット』C・W・ニコル(河出書房新社) スコットランドのウイスキー蒸留所で、ネズミや鳥から樽を守るウイスキー・キャットの物語。「グレンタレット蒸留所にいたタウザーという猫は24年間に約29,000匹のネズミを駆除したそう! 狩りする猫たちの武勇伝です」。
『家のネコと野生のネコ』澤井聖一、近藤雄生(エクスナレッジ)2,800円。 ネコ科動物の生態を知れば、わんぱくな家猫とも仲良くできるかも!? 人気のマヌルネコ、砂漠に住むスナネコなど、地球上のあらゆるネコ科動物と世界の家猫を網羅。「最も美しい動物と称されるネコ科の生き物を堪能」。
※価格表記のない本は絶版ですが、古書として販売されています。

本を選んだ人

書肆 吾輩堂 福岡県福岡市の日本初の猫本専門書店。古書から新刊まで、幅広く猫にまつわる本を扱う。九州の作家とコラボレーションしたオリジナル猫グッズも販売。著書に『猫本屋はじめました』(洋泉社)がある。 https://wagahaido.com

AIがあなたにおすすめ

※過去の記事も表示されます