オットー・ネーベル展 シャガール、カンディンスキー、クレーの時代 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

オットー・ネーベル展 シャガール、カンディンスキー、クレーの時代

『カーサ ブルータス』2017年11月号より

ドイツ、スイスで活動した画家、オットー・ネーベルの日本初となる回顧展。

オットー・ネーベル 《地中海から(南国)》1935年 オットー・ネーベル財団
建築、演劇、音楽など、彼が作品のモチーフにしたテーマをもとにクレーやシャガールなど同時代の画家たちの作品と合わせて紹介。

〈Bunkamura ザ・ミュージアム〉

東京都渋谷区道玄坂2-24-1
TEL 03 5777 8600(ハローダイヤル)。〜12月17日。10時〜18時(金・土〜21時、最終入館は20時30分)。11月14日休。入場料1,500円。

AIがあなたにおすすめ

※過去の記事も表示されます