三菱創業家による選りすぐりの名品をお見逃しなく。 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

三菱創業家による選りすぐりの名品をお見逃しなく。

〈三菱一号館美術館〉で9月12日まで『三菱創業150周年記念 三菱の至宝展』が開催中だ。国宝12点をはじめとする、三菱を創業した岩崎家四代のコレクション約100点が一堂に会する。

岩崎家初代~四代社長が長年集めてきた国宝をはじめとする至宝の数々が、一堂に集結。
三菱の創業は1870(明治3)年、下級武士の家に生まれた岩崎彌太郎が海運業の経営に着手したことに遡る。以来、1945(昭和20)年 に決定した財閥解体に至るまで、彌之助、久彌、小彌太と岩崎家4代にわたって継承されてきた。彼らは文化財に多大な関心を抱き、当時の学者や芸術家と積極的に交流。国際感覚に富み、社会に貢献する広い視野を持って収集された岩崎家の至宝は、現在、20万冊の古典籍と6500点におよぶ東洋古美術品を所蔵する〈静嘉堂〉と、約100万冊の蔵書を誇る東洋学の研究図書館〈東洋文庫〉に収蔵されている。

『三菱創業150周年記念 三菱の至宝展』では、前期・後期の展示替えをあわせ、〈静嘉堂〉〈東洋文庫〉の所蔵品である国宝12点、重要文化財31点、三菱経済研究所の所蔵作品を合わせた約100点を展示。芸術文化の研究・発展を通じた社会貢献の歴史を展観する。
国宝《曜変天目(「稲葉天目」)》建窯、南宋時代(12〜13世紀)、(公財)静嘉堂蔵
国宝《禅機図断簡 智常禅師図》因陀羅、楚石梵琦/ 題、元時代(14世紀)、(公財)静嘉堂蔵 展示期間:8月11日〜9月12日
国宝『史記 夏本紀』司馬遷/ 撰、平安時代(12世紀)、(公財)東洋文庫蔵 会期中巻替えあり
国宝『春秋経伝集解』杜預/注、平安時代(12世紀頃)/書写、(公財)東洋文庫蔵 展示期間:~8月9日
国宝《風雨山水図》伝 馬遠、南宋時代(13世紀)、(公財)静嘉堂蔵 展示期間:~8月9日
多岐にわたるコレクションのなかでも12点が出品される国宝は必見だ。現存する完品は世界に3点(すべて日本にある!)のみとされる茶碗《曜変天目》は、徳川家光から乳母の春日局に下賜されたとされる名品。俵屋宗達ならではの大胆な源氏絵《源氏物語関屋澪標図屏風》、南宋の宮廷画家・馬遠のものとされる山水画《風雨山水図》も見逃せない。
会員プログラム

登録者数12,000人突破!

建築家のアトリエ見学/名作家具プレゼント/限定メールマガジン…すべて無料。

建築家のアトリエ見学に、名作家具プレゼントも。

いますぐ登録!