メディアアートの祭典〈MEDIA AMBITION TOKYO 2016〉開催。 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

メディアアートの祭典〈MEDIA AMBITION TOKYO 2016〉開催。

今年で4回目を迎える〈MEDIA AMBITION TOKYO 2016〉が2月26日から3月21日まで開催される。今年は六本木を中心に青山、銀座、飯田橋、天王洲などエリアを拡大。ライゾマティクス、チームラボ、名和晃平など注目のアーティストが最先端のテクノロジーアートで東京の街を席巻する。

「MAT LAB」 六本木ヒルズ 東京シティビュー。2月26日〜3月21日。10時〜22時。入場料1800円。
メイン会場となる〈六本木ヒルズ 東京シティービュー〉では、最先端テクノロジーとアートを掛け合わせたインスタレーションの数々が登場する「MAT LAB」を開催。参加アーティストにRhizomatiks Architecture、近藤玄大+山浦博志+小西哲哉[exiii]、WOWなどさまざまな分野のアーティストやイノベーターが名を連ね、それぞれの表現でテクノロジーアートの可能性を提示する。

2月26日には同会場にて渋谷慶一郎プロデュースのライブ「Digitally Show」を行い、先鋭的な電子音響と映像が一体化したパフォーマンスで初日の夜を盛り上げる。

3月11日から13日の3日間は六本木・けやき坂へ。東日本大震災を機に消灯した、宮島達男のパブリックアート《Counter Void》が5年ぶりに再点灯されるプロジェクト「Relight Days」が行われる。3.11以後、光を失った白い壁に再び黒の数字が浮かび上がるさまを見届けたい。
宮島達男「Counter Void」2003年テレビ朝日所蔵作品 六本木ヒルズけやき坂。3月11日〜13日。入場無料。
天王洲の〈寺田倉庫〉では、彫刻家・名和晃平と振付師・ダミアン・ジャレによる映像表現《Vesse》の上映を予定。また、チームラボは創作の現場である飯田橋のオフィスに限定20名を招待する。オフィスに展示された作品やプロダクトを観ながら、メンバーから制作背景などを聞くことができる貴重なツアーだ。

ジャンルを飛び越え、さまざまなアーティストがアートや映像、音楽、パフォーマンス、トークショーを繰り広げる〈MEDIA AMBITION TOKYO〉。通常の美術館やギャラリーではなかなか体験できない、実験的な試みはメディアアートの新たな魅力を私たちに示してくれそうだ。
名和晃平+ダミアン・ジャレ《Vessel》 寺田倉庫。日程未定。

MEDIA AMBITION TOKYO 2016

公式サイト