水戸芸術館の展示室が藤森照信のカフェに! 縄文建築でくつろげます。 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

水戸芸術館の展示室が藤森照信のカフェに! 縄文建築でくつろげます。

屋根に草や木が生えていたり、壁に炭や茶碗のかけらが貼られている。そんな不思議な「縄文建築」をつくっている藤森照信の個展が水戸芸術館で開催中! 会場で本人を直撃しました。

老舗和菓子屋「たねや」のショップや本社がある「ラ コリーナ近江八幡」の応接室を水戸芸術館まで持ってきてしまった。ここでは椅子に座って、展示室内で販売している「たねや」のお菓子が食べられる。
展示室での藤森照信。周りに下がっているすだれのようなものは、彼が設計した〈多治見市モザイクタイルミュージアム〉で展示されているモザイクタイルで作ったもの。
〈多治見市モザイクタイルミュージアム〉多治見市で量産されていたタイルを収集・展示している。 photo_Akihisa Masuda
全国各地のフジモリ建築から持ち込んできた椅子が並ぶ。丸太を組み合わせたような簡素なものからきちんと脚・座・背を作ったものまでバラエティ豊か。
スケッチが貼られた壁の前の模型はチェーンソーで丸太をばりばり削り出したもの。机に向かってうんうん言いながら考えるのとはちょっと違う、身体で直接、素材と対決しながら設計する方法論だ。
「ラ コリーナ近江八幡」の展示室。本物の苔を植えた床に、埴輪のような模型が置かれている。
〈銅屋根〉内観(ラ コリーナ近江八幡・たねや本社屋)。 (C) Nacása & Partners Inc.
新作の茶室〈せん茶〉。大工、鍛冶屋など、水戸の人たちと一緒につくった。「すごい技術を持った人たちがたくさんいるのにびっくりした」(藤森)。車輪でちゃんと動かせる。
〈せん茶〉の中の藤森。後ろ側は水戸芸術館の壁にもともと開けられている窓。この〈せん茶〉では会期中、お茶会も開かれる。参加には当日朝から販売されるチケットが必要。
藤森がこれまで手がけた茶室を集めた展示室。彼は、茶室は住宅の原点だとも言う。「昔の人間は住宅と神殿しかつくらなかった。公共建築がつくられるようになったのはもっと後の時代のこと。室内に火がある茶室は住宅と共通点がある」
〈高過庵〉と〈低過庵〉のスケッチ。〈低過庵〉は〈高過庵〉と同じ敷地内にこの夏、市民とのワークショップで作られる予定。藤森の茶室は高いところにあるものが多いが、〈低過庵〉は珍しく半地下に作られる茶室になる。
〈銅屋根〉(ラ コリーナ近江八幡・たねや本社屋)。庭に巨石文明のような岩が置かれている。 (C) Nacása & Partners Inc.
「ラ コリーナ近江八幡」のモデル。ショップ、本社屋のほか、庭も藤森が手がける。「丘のような、棚田のような建物を」という施主のリクエストに応えて棚田がある庭のまわりに丘のような建物をつくった。
「未来の都市」と題されたエリアの、日本沈没ならぬ“首都水没”のコンセプトモデル。「100年後の東京」をイメージした。
空中に吊された〈空飛ぶ泥舟〉の模型。実際ははしごをかけて上り下りする。この個展に展示されている藤森の卒業制作も細長いUFOのような構造物を谷間に掛け渡すつくりだ。
「藤森照信のつくる建築は伽の国の魔女の栖のようにみえるけれど、これはまっとうな建築史研究者が、ある日突然、気が狂ったようにつくりはじめたモノだ、ということに注意してください。」展覧会の最初によくテキストが書かれているけれど、磯崎新が藤森に捧げた文章はいきなりこんな調子で始まる。そんなに危険な建築なのか? とおそるおそる中をのぞくとまるで座る人の個性がそのまま形になったような可愛らしい椅子や、色とりどりのモザイクタイルがつけられた“すだれ”が。「魔女の栖」と言っても、とって食われることはなさそうだ。むしろもっと楽しそうな、「魔法の国」的なスペースが広がる。
展示室での藤森照信。周りに下がっているすだれのようなものは、彼が設計した〈多治見市モザイクタイルミュージアム〉で展示されているモザイクタイルで作ったもの。
〈多治見市モザイクタイルミュージアム〉多治見市で量産されていたタイルを収集・展示している。 photo_Akihisa Masuda
藤森照信は建築史家として『丹下健三』や『昭和住宅物語』などの著書を発表する傍ら、「建築探偵」として近代建築を観察し、赤瀬川原平らと「路上観察学会」を立ち上げて道端のヘンなものを収集してきた。彼が〈神長官守矢史料館〉で建築家としてデビューしたのは1991年、45歳の時のことだ。以来四半世紀、木や土、草など自然素材を中心に、懐かしいけれど見たことのない建築物を生み出している。「野蛮ギャルド」「縄文建築」と呼ばれるその建物は人々を驚かせながらも静かに増殖を続け、進化を遂げてきた。水戸芸術館の個展では彼の建築がどんなふうに自然をとりこみ、周囲に溶け込んでいるのかを見せてくれる。
〈ねむの木こども美術館 どんぐり〉〈神勝寺寺務所 松堂〉などの写真の前に、全国各地のフジモリ建築から持ち込んできた椅子が並ぶ。丸太を組み合わせたような簡素なものからきちんと脚・座・背を作ったものまでバラエティ豊か。
最初の展示室は藤森いわく「美術館とか公共建築とか、普通の建築を集めました」というスペースだ。普通の、と言われてついふんふんと聞き流してしまいそうになるが、もちろんあまり普通ではない。〈多治見市モザイクタイルミュージアム〉には屋根に大きな穴が空いているし、〈ラムネ温泉館〉のとんがり屋根からは木が生えている。鉄とガラスとコンクリートでできた近代建築から時代を逆戻りしている。でも、それがかえって新しい。椅子は全国のフジモリ建築から集めてきたもの。実際に座って、座り心地を確かめながら展示が見られる。
会員プログラム

登録者数12,000人突破!

建築家のアトリエ見学/名作家具プレゼント/限定メールマガジン…すべて無料。

建築家のアトリエ見学に、名作家具プレゼントも。

いますぐ登録!