スノーピークのグランピング施設が白馬にオープン。アウディのQ8もお披露目に。 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

スノーピークのグランピング施設が白馬にオープン。アウディのQ8もお披露目に。

この夏、アウトドアブランドのスノーピークが白馬・北尾根高原にオープンした〈FIELD SUITE HAKUBA〉。標高1200mの最新グランピング施設で、隈研吾の「住箱(じゅうばこ)」も設置されている。オープニングでは、アウディの新しい最高級SUVクーペ《Q8》のお披露目も行われた。

世界有数のスキーリゾート地である北尾根高原。標高1200m、白馬三山を間近に臨む絶好のロケーションに、今年7月、アウトドア宿泊施設〈Snow Peak FIELD SUITE HAKUBA KITAONEKOGEN〉がオープンした。名前の通りアウトドアブランドのスノーピークがプロデュースする施設で、敷地面積は2,856平方メートルに及ぶものだ。
360度見渡せる敷地内に宿泊用テントがゆったりと配置されている。
標高1200mから麓を見渡す。天気によっては雲海を見ることもできる。
敷地内では今回、アウディの新しい最高級SUVクーペ《Q8》がお披露目された。
360度見渡せる敷地内に宿泊用テントがゆったりと配置されている。
標高1200mから麓を見渡す。天気によっては雲海を見ることもできる。
敷地内では今回、アウディの新しい最高級SUVクーペ《Q8》がお披露目された。
グラマラスなキャンプ=「グランピング」と言われるが、こちらの客室は50平米のウッドデッキ上に設置されたテントだ。この施設のためにスノーピークが開発したもので、テント内にはダブルサイズベッドが2台。手前のスペースにはラウンジテーブル&チェアが置かれている。さらにテント内にはミニバーや洗面台も設置されており、Wi-fiも開設。まさにグランピングと呼ぶべき空間が広がっている。
デッキ上に設置されたスノーピーク社特製のテント。
寝室スペースはモーブル社製のダブルサイズベッドが2台。
テント内には洗面台も設置。隣にはミニバーと電気湯沸かし器が。
天候の変化に対応するため、ストーブ、長靴、傘も常備。
虫除けやレスキューセット、その他アメニティ類も充実。
デッキ上に設置されたスノーピーク社特製のテント。
寝室スペースはモーブル社製のダブルサイズベッドが2台。
テント内には洗面台も設置。隣にはミニバーと電気湯沸かし器が。
天候の変化に対応するため、ストーブ、長靴、傘も常備。
虫除けやレスキューセット、その他アメニティ類も充実。
敷地内にはテントが7つゆったりと点在しているが、さらに特別なスイートが存在する。それが敷地中央付近に存在する《住箱》。そう、隈研吾がスノーピークと共同開発した《住箱》=モバイルハウスが設置されているのだ。こちらは「スキーフィールドの中のリビングスイートルーム」として冬場でも利用できる(ただし冬季の宿泊は不可)。