妹島和世デザインの新型特急がデビュー! | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

妹島和世デザインの新型特急がデビュー!

3月16日、西武鉄道で25年ぶりとなる新型特急車両〈Laview〉が運行を開始。美しい曲線を持つシルバーの車体が、池袋−西武秩父間を軽やかに結ぶ。

〈金沢21世紀美術館〉〈ルーヴル=ランス〉〈犬島「家プロジェクト」〉〈すみだ北斎美術館〉など、SANAAとして、また妹島和世として、世界中に数多くの建築を手がけてきた妹島。そんな彼女が、初めて車両デザインを担当した電車がお目見えする。

西武鉄道の新型特急車両〈Laview(ラビュー)〉。運行開始から25年が経過した〈ニューレッドアロー号〉の後継として、3月16日からデビューする。
武甲山を背景に疾走する新型特急車両001系。愛称である〈Laview〉は、贅沢(Luxury)なリビング(Living)のような空間と、矢(arrow)のような速達性、大きな窓から移りゆく眺望(view)といった意味が込められている。
「今までに見たことのない、新しい車両」を作りたいという西武鉄道の思いから、白羽の矢が立てられたのが妹島。鉄道車両を手がけた経験がないからこそ、既存の考え方にとらわれない新たな感性で、これまでにないデザインを実現してほしいという期待の高さが見て取れる。

デザインコンセプトは、「都市や自然の中でやわらかく風景に溶け込む特急」「みんながくつろげるリビングのような特急」「新しい価値を創造し、ただの移動手段ではなく、目的地となる特急」の3つ。
スタイリッシュな中にも、丸みを帯びた柔らかな印象を与える先頭の形状。
車両側面には大型の窓を等間隔に配置。リズミカルに続く窓は、縦1,350mm×横1,580mmという実際の数字以上に大きく感じさせる。
周囲の景色はもちろん、天候や時間帯によっても表情を変えるシルバーの車体。乗車前、おぼろげに写り込む自分の姿を見るのも面白い。
スタイリッシュな中にも、丸みを帯びた柔らかな印象を与える先頭の形状。
車両側面には大型の窓を等間隔に配置。リズミカルに続く窓は、縦1,350mm×横1,580mmという実際の数字以上に大きく感じさせる。
周囲の景色はもちろん、天候や時間帯によっても表情を変えるシルバーの車体。乗車前、おぼろげに写り込む自分の姿を見るのも面白い。
見る者をまず驚かせるのは、外装デザインだろう。柔らかな曲線を描く先頭部分には、国内初となる曲面半径1,500mmの三次元曲面ガラスを採用。そこから続く、緩やかなカーブに覆われた車両には、縦1,350mm×横1,580mmの大型ガラス窓が等間隔で設けられている。

アルミ素材の車体に施されているのはシルバーのメタリックな塗装。周囲の風景をおぼろげに映し出しながら、環境に溶け込む素材感は、〈ルーヴル=ランス〉や〈すみだ北斎美術館〉を思い起こさせる。