ヘザウィックが増改築した、新型ショッピング施設。 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

ヘザウィックが増改築した、新型ショッピング施設。

『カーサ ブルータス』2019年1月号より

運河と鉄道が交差し、かつては物資流通の要所だったロンドンのキングスクロス地区。使われなくなった施設跡の大再開発が続くなか、旧石炭荷下ろし施設をリノベーションしたショッピングセンター〈コール・ドロップス・ヤード〉がオープンになった。

1850年ごろ建てられた石炭荷下ろし施設。ユニークな発想と最新技術により新しい命が吹き込まれた。接続部の床はケーブルで吊られた構造で下の広場の屋根の役割も果たす。photo_Luke Hayes
増改築を担当したのはトーマス・ヘザウィック。かつては貨物車が上に停車し、石炭を荷下ろしたレンガ造りの長細い高架施設。その2棟の屋根を互いにリボン状に波打たせ、中ほどで”キスする”ように接続させている。その下のせり出した部分は、床をケーブルで吊ったガラス張りのフロアになっている。
ナイトクラブだった過去も。photo_Hufton + Crow
各アーチ下には飲食店やショップが大小50軒ほど入居。地元のスタートアップなど、ここにしかないユニークな店が多く誘致されている。石炭を燃料とした蒸気機関の発明に始まった産業革命の発祥地イギリス。その遺構を再利用し、歴史を未来につなぐプロジェクトとしても注目したい。
歴史を継承した再開発。photo_Luke Hayes
屋根の接続部は〈サムソン〉のショールームとして2019年オープン予定。photo_Hufton + Crow
歴史を継承した再開発。photo_Luke Hayes
屋根の接続部は〈サムソン〉のショールームとして2019年オープン予定。photo_Hufton + Crow

〈Coal Drops Yard〉King’s Cross, London N1C 4DQ 10時〜20時(日12時〜18時)。無休。