竜串貝類展示館 海のギャラリー | カーサ ブルータス Casa BRUTUS facebook-a facebook instagram line twitter youtube
高知

047 竜串貝類展示館 海のギャラリー

The Seashell Gallery (1966)

高知県土佐清水市竜串23-8
google maps
0880-85-0137
9時〜16時(7、8月は〜17時)。木曜休。入館料300円。
1966年竣工。設計:林雅子。画家の黒原和男が収集した世界の珍しい貝類を展示する施設。三角形の板を山折り谷折りでつないだような、鉄筋コンクリート造の屋根が対称に向かい合う。よく見ると2枚の屋根は頂部でつながっておらず、スリット状のトップライトになっている。妻側中央の扉から入ると、内部は深海を思わせる濃い青の空間。その中で床に置かれたガラス製の展示ケースが輝く。1階床からキャンティレバー(片持ち梁)で支えられた階段も見ものだ。一時期、建物の老朽化により存続の危機に見まわれたが、設計者の没後に、夫だった建築家の故・林昌二や、地元建築家たちの運動でリニューアル工事にこぎ着け、ふたたび観光名所として蘇った。国内外の約3,000種類5万点の貝類を収蔵・展示している。

特集TOPへ戻る

Attention!!

●すべてのデータは2014年11月20日現在のものです。開館時間、休館日等は変更される可能性がありますので、事前に必ずご確認ください。
●多くの美術館等の施設では、入館時間は閉館の30分~1時間前までになっています。
●休館日が祝日の場合は開館し、翌日に休館する場合が多くあります。展示替え期間や年末年始は休館となることもあります。
●入館料は一般の大人料金(税込)。