小寺慶子のレストラン予報|恵比寿〈トラットリア ラストロ〉 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

小寺慶子のレストラン予報|恵比寿〈トラットリア ラストロ〉

『カーサ ブルータス』2019年3月号より

名物女性シェフの新たな一歩に注目が集まるでしょう。

イタリア産モッツァレラとバジルのトマトソースタリアテッレ(1,800円)。
24か月熟成パルマ産生ハムのせタリアテッレ(2,000円)、ラグーソースを合わせたパッパルデッレ(1,900円)。
イタリア産モッツァレラとバジルのトマトソースタリアテッレ(1,800円)。
24か月熟成パルマ産生ハムのせタリアテッレ(2,000円)、ラグーソースを合わせたパッパルデッレ(1,900円)。
いまでこそ女性が腕を振るうレストランはめずらしくないが、料理業界が圧倒的な男性社会にあった時代にその道を志し、イタリアに渡った女性シェフがいる。

昨年12月に恵比寿にオープンした〈トラットリア ラストロ〉。厨房を取り仕切る仲田睦さんは、イタリアンの世界では名物料理人として知られている。修業先の北イタリア・トレンティーノでめきめきとその頭角を現し、イタリア人が賞賛する名シェフに。日本人女性で初めて現地レストランのオーナーを務めるという快挙をも成し遂げた。

得意料理はなんといってもパスタ。小麦と卵黄だけで作る自家製タリアテッレや濃厚なラグーソースがよく合うパッパルデッレなど、新店では仲田さんの真髄とも言えるパスタを豊富に揃える。初めて訪れるなら、まずは甘酸っぱいフレッシュトマトと新鮮なモッツァレラのソースに自慢のタリアテッレが絡み合うパスタを。ストレートで飾り気のない美味しさに、男前な女性料理人の”細腕繁盛記”はまだまだ始まったばかりと確信する。
オープンは2018年の12月3日。10種以上の旬野菜を使ったサラダとスープ、フォカッチャのデリプレートに生ハムのフリッタータなどがついたパスタランチも人気。
[予算]6,500円〜
前菜2品、パスタかリゾット、メインとデザートを選べる夜のプリフィックスコースは

[予約]ディナーは予約を
仲田シェフの調理姿を間近で見られるカウンターはこの店の特等席。ディナータイムは予約がマスト。

[ドレスコード] スマートカジュアル
トラットリアらしい気取らぬ雰囲気。普段着感覚で通える親しみやすさにリピーターが続出。

〈トラットリア ラストロ〉

東京都渋谷区恵比寿1-22-13 メゾンド・ペルル1F TEL 03 3446 7998。11時30分〜14時30分、18時〜22時LO。日曜休。