東京會舘〈レストラン プルニエ〉が新シェフを招聘して刷新。 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

東京會舘〈レストラン プルニエ〉が新シェフを招聘して刷新。

『カーサ ブルータス』2019年3月号より

〈東京會舘〉のメインダイニング〈レストラン プルニエ〉が同館のリニューアルに伴い、生まれ変わった。1934年の開店以来、初めて社外より料理長を招聘し、メニューも一新。

22,000円コースの鴨フォワ・グラのテリーヌ。
腕を振るうのは、〈レストラン フウ〉などの料理長を歴任した松本浩之シェフ。「東京會舘の伝統に根ざしつつ、自分らしい解釈を加えた一皿を提供したいと思っています」と言う。自慢の舌平目料理を堪能したい。
15,000円のコースより本日の舌平目料理。
内観。
15,000円のコースより本日の舌平目料理。
内観。
松本シェフ。

〈レストラン プルニエ〉東京都千代田区丸の内3-2-1 TEL 050 3134 4890。11時30分〜14時30分LO、17時30分〜21時30分LO(土・日・祝〜20時30分LO)。月曜休。