北欧家具に囲まれて、“大人のリンゴ”を楽しむ午後。 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

北欧家具に囲まれて、“大人のリンゴ”を楽しむ午後。

リンゴを発酵させて作るお酒、シードル。甘さをひかえ、爽快にゴクゴクと楽しめるので午後のひととき、くつろぎながら楽しむ“家飲み”にぴったり。素敵な北欧家具に囲まれ、自宅で《キリン ハードシードル》を楽しむ金子尚子さんの、くつろぎのひとときとは?

フィンランドの建築家アルヴァ・アアルトが名作《スツール60》製造のため創業した〈アルテック〉や、昨秋ブルーボトルコーヒーとのコラボレーションで話題となった〈ヴィトラ〉の家具に囲まれてくつろぐ金子さん。シンプルかつ、どこか親しみを感じるデザインは日本の住宅にもよくなじむ。家事や仕事を離れ、ゆったり過ごす休日のひとときは「1週間全力で走ったからこそ、好きな家具に囲まれて飲むお酒は美味しい!」
「すりリンゴの離乳食以来、ずっと食べ続けているリンゴは、今でも冬が近づくと食べたくなるから不思議です。噛んだときのシャキッとした食感。そして口の中に甘酸っぱい果汁があふれると、子供のころに見た風景や記憶がよみがえるように、懐かしい感情が広がってくるんです」

2人の子供を育てながら、ヨーロッパを代表するデザイン家具ブランド〈ヴィトラ〉と北欧家具の名門〈アルテック〉のマーケティング & PRを兼任、仕事も家事や育児も日々忙しくこなすワーキングマザーの金子尚子さん。数年前まで下の息子の離乳食を作るためにいつもそばにあったリンゴは、自身の幼いころの思い出に重なるという。子育てもひと段落し、今では家でお酒を楽しむことも増えたそう。
かねこなおこ アパレルプランドのPRを経て、〈ヴィトラ〉と〈アルテック〉のマーケティング & PRを担当。秋のデザインイベントに向け、企画準備に日々奮闘中。黒い鳥のオブジェは〈ヴィトラ〉の《イームズ ハウス バード》。
「以前はお酒を飲むことが、飲み会に参加したりして“楽しく騒ぐ”という、ちょっとしたイベント感覚でした。でも今は、家で飲むことがほとんど。話をしながら1日の出来事を振り返ったり、子供たちが寝た後に1人でゆっくりグラスを傾けたり。そんな時間が、ちょっと大げさだけど“癒し”の時間に変わった気がします。めまぐるしい毎日、『今日もやることやったぞー!』という満足感や達成感と共に、自宅で飲むお酒が一番おいしい(笑)。そうして飲んでいるうちに、『あっ、あれもやってみようかな?』と新しいアイデアを思いついたり。そんな時に、この爽快な飲み心地の《キリン ハードシードル》を楽しむと、ちょっと懐かしい感情と子供たちの笑顔も相まって、明日ヘの活力が湧いてくる気がします」

カッティングを施した《キリン ハードシードル》のボトルデザインは、リンゴの形のオリジナルグラスとよくマッチ。北欧家具に囲まれたインテリアにも、素敵になじんでいました。

キリン ハードシードル

100%リンゴ果汁を発酵させたお酒。リンゴ果実由来の芳醇な香りと、甘さを抑えたキレのある飲み心地。はじける炭酸がスッキリ爽快。290ml。オープン価格。●問合せ/キリンビール株式会社 TEL 0120 111 560。>>公式サイト
会員プログラム

登録者数12,000人突破!

建築家のアトリエ見学/名作家具プレゼント/限定メールマガジン…すべて無料。

建築家のアトリエ見学に、名作家具プレゼントも。

いますぐ登録!