“ワイナリーに泊まる”至福。話題のオーベルジュが開業! | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

“ワイナリーに泊まる”至福。話題のオーベルジュが開業!

新潟のワイナリー〈カーブドッチ〉が11月1日、待望のオーベルジュ〈ワイナリーステイ トラヴィーニュ〉をオープンした。泊まりながらワインと地元素材の料理を心ゆくまで堪能する、“ワイナリーステイ” の魅力とは?

新潟食材を活かしたディナーは、ワインのペアリングも魅力の一つ。甘く柔らかな猪肉のローストには、代表銘柄「サブル」の赤を合わせて。
新潟の中心地から1時間ほど車を走らせると辿り着く〈新潟ワインコースト〉。3万5000坪にも及ぶ敷地の中に5つのワイナリーが点在し、その中心的存在が1992年に創設された〈カーブドッチ ワイナリー〉だ。角田山の麓にあり、目の前は見渡す限りのぶどう畑。海岸にもほど近く、山と海の恩恵を受けるこの土地は、日本のワイナリーでは珍しい砂地という特徴を持つ。この〈カーブドッチ〉に11月、レストランに隣接する宿泊棟〈トラヴィーニュ〉が誕生した。単なるオーベルジュ(=宿泊設備を備えたレストラン)の意味合いを超えた「ワイナリーステイ」という過ごし方が、早くもワインマニアやホテルラバーたちを惹きつけている。
ラウンジに入ると窓外のぶどう畑に目を奪われる。まずはウェルカムドリンクのスパークリングをいただきながら、チェックインを。
ボルドーの名門オーベルジュなどをイメージソースに設計された白亜の外観。全10室の客室にはすべて広々としたテラス付き。
広大な敷地内に〈カーブドッチ〉直営のレストランやワインショップ、マルシェ、温泉入浴施設の〈ヴィネスパ〉、〈アヴェダ〉のSPAなどを有する。年間30万人が訪れる人気の観光スポットだ。
ラウンジに入ると窓外のぶどう畑に目を奪われる。まずはウェルカムドリンクのスパークリングをいただきながら、チェックインを。
ボルドーの名門オーベルジュなどをイメージソースに設計された白亜の外観。全10室の客室にはすべて広々としたテラス付き。
広大な敷地内に〈カーブドッチ〉直営のレストランやワインショップ、マルシェ、温泉入浴施設の〈ヴィネスパ〉、〈アヴェダ〉のSPAなどを有する。年間30万人が訪れる人気の観光スポットだ。
静けさの中で心ゆくまで寛いで欲しいとの思いから、部屋数はわずか10室。インテリアデザインの監修を東京・青山の〈フロリレージュ〉を手がけた〈Esquisse.Inc〉の甲斐晋介が、建築設計を星野建築事務所の星野貴行が担当。本格的なオーベルジュの創設は、代表取締役を務める掛川千恵子の長年の夢でもあった。客室は部屋ごとにすべて異なる造りで、家具やアート、調度品は掛川がベルギー、オランダ、フランス、スペインへと自ら赴き買い付けている。もぐら、みつばちなど、客室名を自社ワインの〈どうぶつ〉シリーズから命名しているのも楽しい。
白壁にロートアイアンが映える宿泊棟のエントランス。ここから先に入れるのは宿泊ゲストだけ。
廊下や階段の蹴上がり部分に使われるハンドペイントのタイルは、スペインのセビリヤタイルの職人にオーダーしたもの。
吹き抜けが気持ちいい階段エリア。珪藻土の壁は何度も塗り重ねてコテむらを出した左官の手仕事だ。
代表の掛川千恵子。「1992年に初めてこの地を訪れた時は、一面の松林とスイカ畑だったのよ」。27年の月日をかけ、現在の〈新潟ワインコースト〉を築いた。
白壁にロートアイアンが映える宿泊棟のエントランス。ここから先に入れるのは宿泊ゲストだけ。
廊下や階段の蹴上がり部分に使われるハンドペイントのタイルは、スペインのセビリヤタイルの職人にオーダーしたもの。
吹き抜けが気持ちいい階段エリア。珪藻土の壁は何度も塗り重ねてコテむらを出した左官の手仕事だ。
代表の掛川千恵子。「1992年に初めてこの地を訪れた時は、一面の松林とスイカ畑だったのよ」。27年の月日をかけ、現在の〈新潟ワインコースト〉を築いた。
珪藻土の壁が「ワイナリーらしい土っぽさ」を表現し、オーク材のフローリングは裸足で歩くのも心地いい。シモンズ社製のマットレスや、マレーシア産の天然ゴムを使用したピローを導入し、睡眠環境も完璧。国内の製造メーカーから探し求めたという上質な肌触りのタオルやパジャマ類、そして〈アヴェダ〉のバスアメニティなど、ソフト面のセレクトも掛川の手腕だ。「単に高級なホテルではなく、滞在する贅沢を感じられる空間を作りたかった」と彼女が語る通り、ホテルステイの快適さを細やかに追求していることが伝わってくる。