コスパ最高! 常連になりたいビストロ〈ヨシダハウス〉|寺尾妙子のNEWSなレストラン | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

コスパ最高! 常連になりたいビストロ〈ヨシダハウス〉|寺尾妙子のNEWSなレストラン

有名シェフも訪れるビストロ〈ヨシダハウス〉。おいしくて安い! こんないい店が広尾にオープンしていたなんて。

「こんなに安くていいの?」と思える店は、やっぱりうれしい。2019年1月、広尾に誕生したビストロ〈Yoshida House(ヨシダハウス)〉は、まさにそんな1軒だ。満腹になるまで食べて、グラスワインを2杯飲んでも1人6〜7千円ほど。

オーナーシェフ、吉田佑真は2000年代、「予約がとれないフレンチ」の代名詞であった〈レストラン キノシタ〉でスーシェフまで務めた人物ゆえ、味はもちろん保証付きだ。

「記念日に1度だけ来てもらうのではなく、日常的に何度も通ってもらいたい。ワインをたくさん飲んでほしいのもあって、料理の価格を抑えたんです。幸い、みなさんによく飲んでいただいているおかげで、ちゃんと利益は出ています」と吉田シェフ。
「パテ ド カンパーニュ サラダ添え」980円。茶色に色づくまで、じっくりソテーして甘みを引き出した玉ネギやコニャック、ポルト酒などが隠し味。
価格は抑え目だが、料理はむしろ目一杯、力が入っている。

まず、量がすごい。1皿を2人で分けるアラカルトが基本だが、前菜もメインも盛りがよすぎるほど。看板メニューのひとつ「パテ ド カンパーニュ サラダ添え」なんて、全長32cmで980円。3、4人でシェアしても十分。味に深みのある豚の腕肉や肩ロースを主軸にしたパテは一見、定番のビストロ料理でも中身はしっかり、ガストロノミーのそれなのだ。
爽やかなバジリコ風味のドレッシングでまとめた「豊洲で仕入れた新鮮な魚介のサラダ」1,380円。
リッチな味わいの「沖縄産アグー豚のTボーンロースト 焼き野菜添え」2,980円。骨付き400gの肉を凌駕するほどの野菜が。
「ラム酒風味のプリン」650円がデザートの一番人気。甘さ控えで卵黄多めでコク豊か。キャラメルソースにラム酒をクッと効かせた大人仕様だ。
爽やかなバジリコ風味のドレッシングでまとめた「豊洲で仕入れた新鮮な魚介のサラダ」1,380円。
リッチな味わいの「沖縄産アグー豚のTボーンロースト 焼き野菜添え」2,980円。骨付き400gの肉を凌駕するほどの野菜が。
「ラム酒風味のプリン」650円がデザートの一番人気。甘さ控えで卵黄多めでコク豊か。キャラメルソースにラム酒をクッと効かせた大人仕様だ。
そして、どの料理も野菜がたっぷりついてくる。魚介のサラダには、メニュー名から想像できないほど、旬の野菜がこれでもか! と盛り込まれる。日によって異なるが、写真の皿はフルーツトマト、ゆでたゴボウやレンコンなどの根菜類、ソテーしたナスやズッキーニ、赤辛子水菜やトレビスなどの葉物も添えて、全17種類。

「魚だけ、肉だけだと飽きるでしょ? 付け合わせの野菜で味覚を変えていく方が、ワインも魚や肉も最後までおいしく食べらるから。実際、野菜はあるだけつけてます」

鮮魚店で働いた経験もあり、魚料理も得意。ソテーして甘みを引き出した海老やイカ、ねっとりしたタスマニアサーモンがこの一品の主役だ。