コラボレーションの館と化した〈ヴァレンティノ 銀座〉|石田潤のIn The Mode | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

コラボレーションの館と化した〈ヴァレンティノ 銀座〉|石田潤のIn The Mode

〈GINZA SIX〉の〈ヴァレンティノ 銀座〉が、コラボレーションの館「VALENTINO TKY」に。伝統工芸からストリートファッションまで、ここでしか見られないユニークなコラボレーションが展開中だ。

「VALENTINO TKY」がはじまった〈ヴァレンティノ 銀座〉外観。
今回のコラボレーションの象徴的なアイテムが揃う1階。VLTN限定商品はカモフラージュ柄の着物やデニムの半纏、扇子、草履、そしてビニール傘など、日本ならではの品々。
「VALENTINO TKY」がはじまった〈ヴァレンティノ 銀座〉外観。
今回のコラボレーションの象徴的なアイテムが揃う1階。VLTN限定商品はカモフラージュ柄の着物やデニムの半纏、扇子、草履、そしてビニール傘など、日本ならではの品々。
コラボブームが続くファッション界。その究極ともいえるコンセプトストアが〈ヴァレンティノ 銀座〉で展開中だ。「VALENTINO TKY」と銘打ったコンセプトストアは、デザイナーのピエールパオロ・ピッチョーリが、コレットのクリエイティブ・ディレクターであったサラ・アンデルマンとコラボレーションし仕掛けたもの。地下1階から4階にわたる各フロアで、日本の伝統文化やストリートシーンをテーマに、様々なデザイナー、アーティストとのコラボレーションが行われている。
名作漫画とキャラクターアイテムで埋め尽くされた地下1階。
画面に映るのはトーマス・ウェブによるキャラクター。
名作漫画とキャラクターアイテムで埋め尽くされた地下1階。
画面に映るのはトーマス・ウェブによるキャラクター。
「VLTNカワイイルーム」と銘打たれた地下1階は、日本の漫画、アニメにインスパイアーされた空間だ。イギリス人アーティストのトーマス・ウェブが、60年代後半のヴァレンティノのオートクチュールコレクションに登場した動物モチーフをポップなキャラクターに変換。バタフライ、タイガー、ドラゴン、スネーク、パンサーの5種のキャラクターが配されたアイテムが、『AKIRA』や『ドラゴンボール』、『ドラえもん』といった日本の漫画カルチャーを代表する作品とともに並べられている。
ヴァレンティノの象徴的な色である赤と日の丸の赤を掛け合わせた内装。手前の赤のオブジェは折り紙作家・勝田恭平によるもの。
ダブレットとのコラボアイテム。
ヴァレンティノの象徴的な色である赤と日の丸の赤を掛け合わせた内装。手前の赤のオブジェは折り紙作家・勝田恭平によるもの。
ダブレットとのコラボアイテム。
1階は「TKY ロッソユニバース」。ディスコード ヨウジヤマモトとのコラボレーションを始め、若手デザイナーの登竜門であるLVMHファッションアワードを日本人として初受賞した「ダブレット」とのTシャツ、イタリアの名画と竜や桜などの日本的モチーフを組み合わせたアンダーカバーのアイテムなどが揃う。