懐かしくて、新しい。ガムフラテーシの日本初個展、開催中! | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

懐かしくて、新しい。ガムフラテーシの日本初個展、開催中!

デンマークで最注目のデザインユニット、GamFratesi(ガムフラテーシ)の日本初個展が、東京・青山の〈CIBONE Aoyama〉で開催中だ。

ともにイタリアで建築を学んだデンマーク人のスティーネ・ガムとイタリア人のエンリコ・フラテージ。2006年に独立後、コペンハーゲンにアトリエを構えたが、現在でも2人の共通語はイタリア語というユニークな生活を送っている。

デンマークとイタリアといえば、どちらも強固なデザインの歴史を持つ国。本展ではガムフラテージが、大きく異なる二つのデザインの文化と思想をどのように現代的文脈に落とし込み、デザインを展開しているかを作品と資料とともに解説している。
ガムフラテーシのデザインを構成しているのは、「Tradition(伝統)」「Communication(意志伝達)」「Intimacy(親密さ)」という3つの要素。

「Tradition」とは、2人の母国に残るものづくりの歴史と伝統など、過去から受け継いだ遺産を、良きヒントとしてどのように有効に転用すれば良いかを考えることにある。「Communication」は、デザインの力で新しい価値、可能性を見いだし、広くそれを伝え広めること。そして「Intimacy」は、モノがモノだけで存在するのではなく、それを使い、ともに長い時間を過ごす友となる人間の存在を大切に考えるということだ。
展示会場にならぶFredericia、GUBI、Cappelliniなど、名だたるブランドの製品のなかにもこうしたガムフラテーシの思いがたっぷり詰まっている。今回は日本未発表だったものを展示している上、各アイテムのアイデアスケッチや素材やカラーリングの開発研究など、デザインのプロセスも公開。ガムフラテーシがどのようにイメージを膨らませ、デザインを進めているかを伺い知ることができる

さらに、本展のために描いたというリトグラフ作品も特別に発表。代表作を独自のタッチで再構成したグラフィックは新たなガムフラテーシの魅力を伝える貴重なものだ。アイデアスケッチなどのパネル作品は除くが、リトグラフを含めた展示作品のほとんどが購入可能というのも嬉しい。

本展を企画したシボネのMD、今川拓人さんはガムフラテーシの魅力をこう語る。

「デザインプロセスを紹介しているスケッチを見ていただけば分かると思いますが、彼らは頭のなかにあるイメージを実在するものに変化させようと、さまざまなトライアルを自らの手を使って何度も繰り返しています。私たちが身の回りに置きたくなるデザインというのは、どれほど純度高く生み出したものかによるもの。人間的な体験と意識を反復させながらアイデアを組み立てているからこそ、ガムフラテーシのデザインには説得力があり、自然と人や生活に心地よく馴染んでいくのだと思います」

「LOOK INSIDE 外からの刺激 内からの感情」

〈CIBONE Aoyama〉

東京都港区南青山2-27-25
2F TEL 03 3475 8017。〜8月31日。11時〜21時。期間中無休。公式サイト

AIがあなたにおすすめ

※過去の記事も表示されます